相次ぐ故障で…巨人・久保、「人的補償」候補から救世主へ

公開日: 更新日:

 去年“いなかった”巨人の3投手が実戦に初登板した。20日の韓国LGとの練習試合で、広島からFA移籍した大竹寛(30)が先発し、2回無失点。2番手の新外国人クリス・セドン(30)は2回2失点だった。

 3番手で登板した久保裕也(33)は1回を無安打で2奪三振無失点の好投。11年に股関節、12年に右ヒジを相次いで手術し、ここ2年間で2試合しか投げていない久保は
 「今は野球をやれるのが楽しい」と笑顔。原監督も「相手にスイングをさせていない。光っていた」と復活を喜んだ。

 6年連続60試合登板の絶対的セットアッパー山口と、昨季終盤に中継ぎで結果を出した沢村がともに肩の不安で出遅れる中、経験豊富な久保が勝ちパターンのリリーフ陣に割って入る可能性が出てきた。

 この久保、昨年は一軍登板ゼロで、FAの人的補償での移籍もささやかれた。サファテと涌井が流出した西武が抑え候補として狙っているとみられていたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  3. 3

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  4. 4

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  5. 5

    競泳・池江璃花子ついに400mリレー登場も…「五輪出場は運命」発言“炎上”のナゼ

  6. 6

    東京五輪「呪われた開会式」大手メディアが決して書かない“舞台裏”をドキュメント

  7. 7

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  8. 8

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  9. 9

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  10. 10

    東京五輪にスポンサーから続々NO! TV観戦増でCM効果上昇のはずが放映中止ドミノの可能性

もっと見る