相次ぐ故障で…巨人・久保、「人的補償」候補から救世主へ

公開日:  更新日:

 去年“いなかった”巨人の3投手が実戦に初登板した。20日の韓国LGとの練習試合で、広島からFA移籍した大竹寛(30)が先発し、2回無失点。2番手の新外国人クリス・セドン(30)は2回2失点だった。

 3番手で登板した久保裕也(33)は1回を無安打で2奪三振無失点の好投。11年に股関節、12年に右ヒジを相次いで手術し、ここ2年間で2試合しか投げていない久保は
 「今は野球をやれるのが楽しい」と笑顔。原監督も「相手にスイングをさせていない。光っていた」と復活を喜んだ。

 6年連続60試合登板の絶対的セットアッパー山口と、昨季終盤に中継ぎで結果を出した沢村がともに肩の不安で出遅れる中、経験豊富な久保が勝ちパターンのリリーフ陣に割って入る可能性が出てきた。

 この久保、昨年は一軍登板ゼロで、FAの人的補償での移籍もささやかれた。サファテと涌井が流出した西武が抑え候補として狙っているとみられていたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

もっと見る