優勝争いのキーマン 阪神の新助っ人ゴメスに不安な“弱点”

公開日: 更新日:

「たしかに、パワーはある。でも、アメリカ時代には弱点もあったんだ」
 現役時代に日本でのプレー経験がある米球界関係者がこう明かすのが、阪神の新助っ人ゴメス(29)のこと。

 夫人の出産で10日に来日。調整遅れが心配された「新4番候補」は、18日のランチ特打で柵越えを連発。早くも20日の紅白戦で実戦デビューが予定されており、打線の核としての期待は高まるばかりだ。

 が、その助っ人砲を不安視する声があるのだ。今は米球界のスカウトをやっている前出の関係者がこう続けた。

「練習で大きな当たりを連発しているといっても、打撃投手の緩いボールだからだろ。たしかに甘い低めの球は“ホットスポット”といえるが、アメリカでは高めの速球が得意ではなかった。90マイル(約145キロ)を超えたあたりから、差し込まれる。元来が上半身と手の動きが大きい選手。上半身に頼った打ち方をするから、日本でも速いストレートが武器の投手に対応できるか、そこがカギになるだろう」

 阪神が優勝争いするには、ゴメスの活躍は必要不可欠。他球団のスコアラーもウの目タカの目でチェックしているだけに、実際にウイークポイントを打破できるか。まずは紅白戦でお手並み拝見である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  2. 2

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  3. 3

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  4. 4

    明日海りお「おちょやん」で再出演はナシ…宝塚ファン悲鳴

  5. 5

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  6. 6

    国内で初「健康な20代男性」無念のコロナ死…入院できず

  7. 7

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  8. 8

    五輪開会式までに「国内コロナ死者累計2万人」の驚愕試算

  9. 9

    インド変異株拡大へ秒読み…連絡つかない入国者は1日300人

  10. 10

    高橋洋一氏“さざ波”で炎上 エリートほど不用意発言のワケ

もっと見る