• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

優勝争いのキーマン 阪神の新助っ人ゴメスに不安な“弱点”

「たしかに、パワーはある。でも、アメリカ時代には弱点もあったんだ」
 現役時代に日本でのプレー経験がある米球界関係者がこう明かすのが、阪神の新助っ人ゴメス(29)のこと。

 夫人の出産で10日に来日。調整遅れが心配された「新4番候補」は、18日のランチ特打で柵越えを連発。早くも20日の紅白戦で実戦デビューが予定されており、打線の核としての期待は高まるばかりだ。

 が、その助っ人砲を不安視する声があるのだ。今は米球界のスカウトをやっている前出の関係者がこう続けた。

「練習で大きな当たりを連発しているといっても、打撃投手の緩いボールだからだろ。たしかに甘い低めの球は“ホットスポット”といえるが、アメリカでは高めの速球が得意ではなかった。90マイル(約145キロ)を超えたあたりから、差し込まれる。元来が上半身と手の動きが大きい選手。上半身に頼った打ち方をするから、日本でも速いストレートが武器の投手に対応できるか、そこがカギになるだろう」

 阪神が優勝争いするには、ゴメスの活躍は必要不可欠。他球団のスコアラーもウの目タカの目でチェックしているだけに、実際にウイークポイントを打破できるか。まずは紅白戦でお手並み拝見である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  4. 4

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  5. 5

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  6. 6

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  7. 7

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  8. 8

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  9. 9

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  10. 10

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

もっと見る