体重114キロ ロッテ5番候補・井上は「動ける豚になりたい」

公開日: 更新日:

 キャンプで最も名を売ったプロ野球選手といえば、ロッテのドラフト5位のルーキー、井上晴哉(24=日本生命、右投げ右打ち)を置いて他にはいないだろう。

 180センチ、114キロの巨体と風貌から、付いたあだ名は女子プロレスラーの「アジャ・コング」。キャンプではG・G・佐藤と相撲を取ったり、闘牛の背中に乗ったりと悪ノリばかり目立つ「ゲテモノ」と思いきや、バットでも連日快音を響かせている。

 紅白戦や練習試合など8試合で30打数13安打、打率.433、3本塁打、6打点。伊東監督も「開幕5番」を示唆しているほどだ。

 中央大学時代の監督で、評論家の高橋善正氏はこう話す。

「入学時からあの体形。遠くに飛ばすパワーは本物で、2年のオープン戦2試合目からずっと4番を打たせました。明るい子でしたが、野球に対してはマジメというか、意外と繊細。3年の一時期、打撃不振に陥ると、試合でも気のないスイングを繰り返すようになった。元気ないけど寝不足か? と聞くと『寝不足です』と。常備薬は飲んでおらず、『寝酒に焼酎を1杯飲めば眠れることもある』と言ったので、私の焼酎をあげたこともあった。それでもまた同じように元気がなくなったので、もしやと思って脳神経外科に行かせたほどです。責任感の強い子でしたからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  2. 2

    沢尻エリカ逮捕に長谷川博己の胸中は…事務所担当者が語る

  3. 3

    長期の理由は国民洗脳 安倍政権の“桂太郎超え”2887日<上>

  4. 4

    スキャンダルで目くらましする官邸の手法は見抜かれている

  5. 5

    自民改選議員を“常習”招待「桜を見る会」で48人違法当選か

  6. 6

    沢尻エリカの再生に尽力も水泡…“実姉”蜷川実花監督の慟哭

  7. 7

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  8. 8

    「死ね」暴言の笠りつ子に厳重注意のみ…遅すぎた大甘処分

  9. 9

    桜を見る会前夜 安倍事務所とニューオータニに裏取引疑惑

  10. 10

    芦田愛菜は大絶賛も…“着物姿”を比べられた神田うのの悲哀

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る