日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

みのの“恋人”と密会 ロッテのイケメン外野手・伊志嶺って誰?

 発売中の「FRIDAY」で、ラジオ番組「みのもんたのウィークエンドをつかまえろ」(文化放送)でアシスタントを務めるフリーアナウンサーの南波糸江(30)が、ロッテ外野手・伊志嶺翔大(25)とドライブデートする様子をスクープされている。

■「何のことだか分りません」

 南波は大量のケンタッキーを手に伊志嶺の愛車・アウディの助手席に乗りこみ、アクアラインを飛ばしてロッテが秋季キャンプを行う千葉県鴨川市内の観光ホテルに一直線。同誌に直撃された南波は「何のことだか分かりません」と話すのみで、小走りで逃げ出してしまった。

 南波はみのもんた(69)が経営する事務所に在籍する唯一のタレントで、みのの秘蔵っ子。コメントを求められたみのは「その相手と良い方向にいくならうれしいな」と大人の対応だったが、内心、はらわたが煮えくり返っているはずだ。TV界の帝王とも呼ばれたみのの“女”に手を出した伊志嶺とはどんな選手なのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事