• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

巨人ドラ1捕手・小林 周囲の「色眼鏡」払拭に2つの切り札

 巨人のドラフト1位ルーキーが、居場所を確保しつつある。

 5日のオープン戦で、小林誠司捕手(24=日本生命)が矢のような送球で二盗を阻止。キャンプ中から自慢の強肩は目立っていた。原監督は「とにかく肩が強い」と目を丸くし、正捕手の阿部をして「肩だけは勝てない」と言わしめるほど。選手の間でも「あれはプロでもトップクラス。使わないともったいない肩」との声が出始めている。

 一方、キャンプ中こそ安打が出ていた課題の打撃は、対外試合に入るとさっぱり。前評判通り、「守高・打低」になっている。

 ポスト阿部の筆頭候補。一軍の第2、第3捕手としてたまに試合に出るか、二軍で育成するか。首脳陣でも論議が分かれているという。

 同志社大時代、「ドラフト1位以外なら社会人入りする」と宣言。言葉通りに日本生命へ進んだ。キャンプ当初、巨人の先輩選手たちは、この新人を“色眼鏡”で見ていた。自身もドラフト1位で入団したある選手はこう話していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  3. 3

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

  4. 4

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  5. 5

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  6. 6

    マキタスポーツらFA成功も…お笑い芸人に大淘汰時代の到来

  7. 7

    手越の未成年飲酒報道で狂い始めた NEWS小山の7月復帰計画

  8. 8

    X JAPAN・ToshI バラエティーで引っ張りだこの意外な理由

  9. 9

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  10. 10

    まだあるNEWS小山の“未成年飲酒”目撃談…六本木では有名人

もっと見る