巨人ドラ1捕手・小林 周囲の「色眼鏡」払拭に2つの切り札

公開日:  更新日:

 巨人のドラフト1位ルーキーが、居場所を確保しつつある。

 5日のオープン戦で、小林誠司捕手(24=日本生命)が矢のような送球で二盗を阻止。キャンプ中から自慢の強肩は目立っていた。原監督は「とにかく肩が強い」と目を丸くし、正捕手の阿部をして「肩だけは勝てない」と言わしめるほど。選手の間でも「あれはプロでもトップクラス。使わないともったいない肩」との声が出始めている。

 一方、キャンプ中こそ安打が出ていた課題の打撃は、対外試合に入るとさっぱり。前評判通り、「守高・打低」になっている。

 ポスト阿部の筆頭候補。一軍の第2、第3捕手としてたまに試合に出るか、二軍で育成するか。首脳陣でも論議が分かれているという。

 同志社大時代、「ドラフト1位以外なら社会人入りする」と宣言。言葉通りに日本生命へ進んだ。キャンプ当初、巨人の先輩選手たちは、この新人を“色眼鏡”で見ていた。自身もドラフト1位で入団したある選手はこう話していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る