綱とり絶望の稀勢の里を揶揄する相撲担当記者の“定番ジョーク”

公開日: 更新日:

 ここまで弱いと、もう笑うしかない。大相撲初場所5日目、綱とりに挑む大関稀勢の里(27)が、これまで2勝0敗だった碧山にまさかの黒星。これで3勝2敗となり、5連勝の横綱白鵬とは序盤に2差もつけられた。2度目の綱とりは絶望的だ。

 立ち合いでは最初、碧山がつっかけ、仕切り直しの2度目は呼吸が合わず、稀勢の里が「待った」をかけた。3度目でようやくぶつかったものの、195キロの碧山に跳ね飛ばされ、そのままあっけなく押し出された。

 これには解説の北の富士(元横綱)も、「(立ち合いで)迷っちゃいかん。中途半端な気持ちで立っているんですよ」と、吐き捨てたほど。

 碧山は支度部屋でこう話した。

「自分の相撲しか考えていなかった。(2度目の立ち合いで)相手が蹲踞(そんきょ)しないで睨んできた? 全然緊張しなかったよ。顔を見てどうするの」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

  2. 2

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  3. 3

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  4. 4

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  5. 5

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  6. 6

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  7. 7

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  8. 8

    小池都政に隠蔽発覚「コロナ感染予測文書」を破棄していた

  9. 9

    一部のファンとの紐帯も切れた暴力団・山口組のやりっ放し

  10. 10

    沖縄基地で集団感染 米国コロナ蔓延危機も安倍政権は傍観

もっと見る