日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

綱とり絶望の稀勢の里を揶揄する相撲担当記者の“定番ジョーク”

 ここまで弱いと、もう笑うしかない。大相撲初場所5日目、綱とりに挑む大関稀勢の里(27)が、これまで2勝0敗だった碧山にまさかの黒星。これで3勝2敗となり、5連勝の横綱白鵬とは序盤に2差もつけられた。2度目の綱とりは絶望的だ。

 立ち合いでは最初、碧山がつっかけ、仕切り直しの2度目は呼吸が合わず、稀勢の里が「待った」をかけた。3度目でようやくぶつかったものの、195キロの碧山に跳ね飛ばされ、そのままあっけなく押し出された。

 これには解説の北の富士(元横綱)も、「(立ち合いで)迷っちゃいかん。中途半端な気持ちで立っているんですよ」と、吐き捨てたほど。

 碧山は支度部屋でこう話した。

「自分の相撲しか考えていなかった。(2度目の立ち合いで)相手が蹲踞(そんきょ)しないで睨んできた? 全然緊張しなかったよ。顔を見てどうするの」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事