• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

綱とり絶望の稀勢の里を揶揄する相撲担当記者の“定番ジョーク”

 ここまで弱いと、もう笑うしかない。大相撲初場所5日目、綱とりに挑む大関稀勢の里(27)が、これまで2勝0敗だった碧山にまさかの黒星。これで3勝2敗となり、5連勝の横綱白鵬とは序盤に2差もつけられた。2度目の綱とりは絶望的だ。

 立ち合いでは最初、碧山がつっかけ、仕切り直しの2度目は呼吸が合わず、稀勢の里が「待った」をかけた。3度目でようやくぶつかったものの、195キロの碧山に跳ね飛ばされ、そのままあっけなく押し出された。

 これには解説の北の富士(元横綱)も、「(立ち合いで)迷っちゃいかん。中途半端な気持ちで立っているんですよ」と、吐き捨てたほど。

 碧山は支度部屋でこう話した。

「自分の相撲しか考えていなかった。(2度目の立ち合いで)相手が蹲踞(そんきょ)しないで睨んできた? 全然緊張しなかったよ。顔を見てどうするの」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  10. 10

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

もっと見る