• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ソフトバンク細川欠場で…FA鶴岡そのまま正捕手交代も?

 決着あり、か――。オフに日本ハムからFAで正捕手の鶴岡(32)を獲得したソフトバンク。3年前にも西武から細川(34)がFA移籍してきたこともあり、ちまたでは「ポジションがかぶる無駄な補強」と陰口を叩かれていた。

 ところがさにあらず。1日の楽天戦で細川が左肩を負傷。大場の逆球を捕ろうと左腕をひねったときに痛めたもので、田中球団トレーナー統括も「数日間は試合で使わない」と説明。6日からの遠征にも帯同せず、当面はリハビリに専念することになった。

 2日の楽天戦は鶴岡が先発マスク。早くもオフの補強が功を奏した。

 ある球団関係者は「十分、想定内です」とこう言う。
「もともと球団は細川をそこまで信用していなかった。捕手としての実力はともかく、なにせケガが多い選手。西武の渡辺前監督(SD)も、『細川は左肩に脱臼癖がある。不思議なほど簡単に外れる』と言っていたほど。右肩にも古傷があるし、その上腰痛持ち。鶴岡を獲得するのは当然です」

 細川は西武時代から正捕手を務めながら、1年間すべての試合でマスクをかぶったことはない。ソフトバンクでも昨季の112試合が最多。そのまま正捕手交代もあり得る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  7. 7

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

  10. 10

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

もっと見る