ソフトバンク細川欠場で…FA鶴岡そのまま正捕手交代も?

公開日: 更新日:

 決着あり、か――。オフに日本ハムからFAで正捕手の鶴岡(32)を獲得したソフトバンク。3年前にも西武から細川(34)がFA移籍してきたこともあり、ちまたでは「ポジションがかぶる無駄な補強」と陰口を叩かれていた。

 ところがさにあらず。1日の楽天戦で細川が左肩を負傷。大場の逆球を捕ろうと左腕をひねったときに痛めたもので、田中球団トレーナー統括も「数日間は試合で使わない」と説明。6日からの遠征にも帯同せず、当面はリハビリに専念することになった。

 2日の楽天戦は鶴岡が先発マスク。早くもオフの補強が功を奏した。

 ある球団関係者は「十分、想定内です」とこう言う。
「もともと球団は細川をそこまで信用していなかった。捕手としての実力はともかく、なにせケガが多い選手。西武の渡辺前監督(SD)も、『細川は左肩に脱臼癖がある。不思議なほど簡単に外れる』と言っていたほど。右肩にも古傷があるし、その上腰痛持ち。鶴岡を獲得するのは当然です」

 細川は西武時代から正捕手を務めながら、1年間すべての試合でマスクをかぶったことはない。ソフトバンクでも昨季の112試合が最多。そのまま正捕手交代もあり得る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    工藤静香はいい迷惑?渡辺美奈代に絶賛コメント急増のウラ

  3. 3

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  4. 4

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  5. 5

    安倍官邸が移行急ぐ「9月入学」レガシーづくりの悪あがき

  6. 6

    検察は結局、黒川氏のスキャンダルを利用して独立を守った

  7. 7

    「山崎55年」は300万円 ウイスキー資産価値が高騰の可能性

  8. 8

    Cocomi&Koki,自宅からインスタライブで“匂わせ家族”加速

  9. 9

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  10. 10

    阪神藤浪に復活の予感 “自虐メール”にメンタル成長の片鱗

もっと見る