• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ソフトバンク細川欠場で…FA鶴岡そのまま正捕手交代も?

 決着あり、か――。オフに日本ハムからFAで正捕手の鶴岡(32)を獲得したソフトバンク。3年前にも西武から細川(34)がFA移籍してきたこともあり、ちまたでは「ポジションがかぶる無駄な補強」と陰口を叩かれていた。

 ところがさにあらず。1日の楽天戦で細川が左肩を負傷。大場の逆球を捕ろうと左腕をひねったときに痛めたもので、田中球団トレーナー統括も「数日間は試合で使わない」と説明。6日からの遠征にも帯同せず、当面はリハビリに専念することになった。

 2日の楽天戦は鶴岡が先発マスク。早くもオフの補強が功を奏した。

 ある球団関係者は「十分、想定内です」とこう言う。
「もともと球団は細川をそこまで信用していなかった。捕手としての実力はともかく、なにせケガが多い選手。西武の渡辺前監督(SD)も、『細川は左肩に脱臼癖がある。不思議なほど簡単に外れる』と言っていたほど。右肩にも古傷があるし、その上腰痛持ち。鶴岡を獲得するのは当然です」

 細川は西武時代から正捕手を務めながら、1年間すべての試合でマスクをかぶったことはない。ソフトバンクでも昨季の112試合が最多。そのまま正捕手交代もあり得る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  6. 6

    頭を切断されて10分後にガブリ!ガラガラヘビ驚異の生命力

  7. 7

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    蘇る4年前…ブラジルに王国の焦りとネイマール潰しの恐怖

もっと見る