顔は即戦力、打撃は…「ポスト阿部」ドラ1小林の“立ち位置”

公開日:  更新日:

 新人8選手の合同自主トレが9日、ジャイアンツ球場でスタート。底冷えする気候の中、ランニングで先頭を走るなど、同期メンバーを引っ張ったのはドラフト1位捕手の小林誠司(24=日本生命)だ。

 初日の様子を見守った関係者の視線も当然、この「ポスト阿部」のドラ1に集中。岡崎二軍監督が「小林の印象? 男前だよね」とニヤリとすれば、川口投手総合コーチも「(新人)投手は育つ段階だから、戦力としては見ていない。(即戦力捕手の)小林が見たかった。男前だしね」とこちらも同じ感想を話した。

「プロなんだから、ファンを獲得できる選手という意味で男前なのは重要な武器。小林には<カメラに写りそうな時は、なるべくマスクを外せよ>と言っています」

 と、山下スカウト部長からは、こんな珍妙な指令も。同じマスクでも、まず「顔」の方で即戦力のお墨付きをもらった本人も、「イケメンだとは思っていないけど、野球をやっている姿、一生懸命なところをアピールしたい」とマンザラでもない様子だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  9. 9

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る