戦力、成績、営業力とも充実の広島 阪神とは“雲泥の差”

公開日:  更新日:

「広島は若くてイキがいい選手が多いなぁ」

 甲子園の阪神ファンからため息が漏れた。

 12日、広島ドラ1新人の大瀬良大地(22=九共大)が先発。阪神が昨年ドラフトでクジを外した大型右腕は最速148キロをマーク。マートンから2三振を奪うなど5回3失点。変化球に課題を残すも、大器の片鱗(へんりん)を見せた。

■4新人が開幕入り手中

 広島はこの大瀬良を含めて、4人の新人選手が開幕一軍入りをほぼ手中に収めている。2位の九里(22=亜大・投手)、3位の田中(24=JR東日本・内野手)、4位の西原(25=ニチダイ・投手)がそれぞれオープン戦で好調。4新人が開幕一軍となれば、83年の白武佳久(投手)ら以来、31年ぶりだ。

 前年3位で16年ぶりにAクラス入りを果たし、CS第1ステージで阪神を撃破した。若い選手が多いチームに今季は有望新人が加わり、さらにフレッシュな顔ぶれになった。これが相乗効果となり、シーズンシート、公式戦チケットの売れ行きは好調という。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  10. 10

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

もっと見る