戦力、成績、営業力とも充実の広島 阪神とは“雲泥の差”

公開日: 更新日:

「広島は若くてイキがいい選手が多いなぁ」

 甲子園の阪神ファンからため息が漏れた。

 12日、広島ドラ1新人の大瀬良大地(22=九共大)が先発。阪神が昨年ドラフトでクジを外した大型右腕は最速148キロをマーク。マートンから2三振を奪うなど5回3失点。変化球に課題を残すも、大器の片鱗(へんりん)を見せた。

■4新人が開幕入り手中

 広島はこの大瀬良を含めて、4人の新人選手が開幕一軍入りをほぼ手中に収めている。2位の九里(22=亜大・投手)、3位の田中(24=JR東日本・内野手)、4位の西原(25=ニチダイ・投手)がそれぞれオープン戦で好調。4新人が開幕一軍となれば、83年の白武佳久(投手)ら以来、31年ぶりだ。

 前年3位で16年ぶりにAクラス入りを果たし、CS第1ステージで阪神を撃破した。若い選手が多いチームに今季は有望新人が加わり、さらにフレッシュな顔ぶれになった。これが相乗効果となり、シーズンシート、公式戦チケットの売れ行きは好調という。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  2. 2

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  3. 3

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  4. 4

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  5. 5

    スコットランドにはショック…稲垣のトライが生まれた背景

  6. 6

    緊急放流の6ダムで事前放流せず 国交省・自治体に重大責任

  7. 7

    阪神CS出場も鳥谷は…寂しい終幕に球団と指揮官への不信感

  8. 8

    巨人ドラ2位候補で狙う149キロ即戦力“ノーノー左腕”の評価

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る