戦力、成績、営業力とも充実の広島 阪神とは“雲泥の差”

公開日: 更新日:

広島は若くてイキがいい選手が多いなぁ」

 甲子園の阪神ファンからため息が漏れた。

 12日、広島ドラ1新人の大瀬良大地(22=九共大)が先発。阪神が昨年ドラフトでクジを外した大型右腕は最速148キロをマーク。マートンから2三振を奪うなど5回3失点。変化球に課題を残すも、大器の片鱗(へんりん)を見せた。

■4新人が開幕入り手中

 広島はこの大瀬良を含めて、4人の新人選手が開幕一軍入りをほぼ手中に収めている。2位の九里(22=亜大・投手)、3位の田中(24=JR東日本・内野手)、4位の西原(25=ニチダイ・投手)がそれぞれオープン戦で好調。4新人が開幕一軍となれば、83年の白武佳久(投手)ら以来、31年ぶりだ。

 前年3位で16年ぶりにAクラス入りを果たし、CS第1ステージで阪神を撃破した。若い選手が多いチームに今季は有望新人が加わり、さらにフレッシュな顔ぶれになった。これが相乗効果となり、シーズンシート、公式戦チケットの売れ行きは好調という。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  3. 3

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  4. 4

    焦るトランプ…フロリダ州で負ければ米大統領選はアウト

  5. 5

    持続化給付金の不正受給 早急に返金と自首をするべき

  6. 6

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  7. 7

    白石麻衣10.28乃木坂卒業で注目 ソロ活動と恋愛解禁Xデー

  8. 8

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  9. 9

    Gドラ1は投手捨て野手に…乗り換えた原監督の不安と不満

  10. 10

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

もっと見る