新守護神・呉昇桓の足を引っ張りそうな阪神内野陣

公開日: 更新日:

 甲子園のマウンドで鬼になるか。阪神の呉昇桓(オスンファン)(31)が21日のオリックスとのオープン戦に登板。九回を3人でピシャリ。

「直球で空振りが取れているので、バランスがいいと捉えている」といった。

 ここまでオープン戦6試合で6回を投げ、被安打5、四球3、三振10、自責点1(防御率1.50)。他球団スコアラーがネット裏でビデオを回す中、持ち球を隠すなど、開幕モードになってきた。

 呉は韓国時代の通算9年444試合、277セーブという記録が大きく取り上げられているが、510回3分の1を投げて625という三振の数も高い評価を得ている。某スコアラーがいう。

「呉昇桓の直球は、(藤川)球児より球質が重く、スピンが利いてよく伸びる。パワー対決を望む韓国の打者は大振りなのでこの球が有効だった。打者は真っすぐとわかっていても打てなかった。でも、日本の打者はバットに当てるのがうまい。コースを絞って決め打ちもする。苦手な球はカットして粘る技術もある。スライダーにカットボール、スプリット、カーブも投げるが、人一倍気が強くプライドの高い彼は、自慢のストレートで日本の打者を打ち取りたいという意識が強い。その点がどうなるか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  3. 3

    菅野美穂「ウチカレ」不評…“恋愛の神様”はオワコンなのか

  4. 4

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  5. 5

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  6. 6

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  7. 7

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

  8. 8

    大栄翔が初優勝 平幕V続出「戦国時代」の裏の“角界の凋落”

  9. 9

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  10. 10

    元WBO世界王座・山中竜也さん おにぎり界の王者を目指す

もっと見る