• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

新守護神・呉昇桓の足を引っ張りそうな阪神内野陣

 甲子園のマウンドで鬼になるか。阪神の呉昇桓(オスンファン)(31)が21日のオリックスとのオープン戦に登板。九回を3人でピシャリ。

「直球で空振りが取れているので、バランスがいいと捉えている」といった。

 ここまでオープン戦6試合で6回を投げ、被安打5、四球3、三振10、自責点1(防御率1.50)。他球団スコアラーがネット裏でビデオを回す中、持ち球を隠すなど、開幕モードになってきた。

 呉は韓国時代の通算9年444試合、277セーブという記録が大きく取り上げられているが、510回3分の1を投げて625という三振の数も高い評価を得ている。某スコアラーがいう。

「呉昇桓の直球は、(藤川)球児より球質が重く、スピンが利いてよく伸びる。パワー対決を望む韓国の打者は大振りなのでこの球が有効だった。打者は真っすぐとわかっていても打てなかった。でも、日本の打者はバットに当てるのがうまい。コースを絞って決め打ちもする。苦手な球はカットして粘る技術もある。スライダーにカットボール、スプリット、カーブも投げるが、人一倍気が強くプライドの高い彼は、自慢のストレートで日本の打者を打ち取りたいという意識が強い。その点がどうなるか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る