新守護神・呉昇桓の足を引っ張りそうな阪神内野陣

公開日:  更新日:

 甲子園のマウンドで鬼になるか。阪神の呉昇桓(オスンファン)(31)が21日のオリックスとのオープン戦に登板。九回を3人でピシャリ。

「直球で空振りが取れているので、バランスがいいと捉えている」といった。

 ここまでオープン戦6試合で6回を投げ、被安打5、四球3、三振10、自責点1(防御率1.50)。他球団スコアラーがネット裏でビデオを回す中、持ち球を隠すなど、開幕モードになってきた。

 呉は韓国時代の通算9年444試合、277セーブという記録が大きく取り上げられているが、510回3分の1を投げて625という三振の数も高い評価を得ている。某スコアラーがいう。

「呉昇桓の直球は、(藤川)球児より球質が重く、スピンが利いてよく伸びる。パワー対決を望む韓国の打者は大振りなのでこの球が有効だった。打者は真っすぐとわかっていても打てなかった。でも、日本の打者はバットに当てるのがうまい。コースを絞って決め打ちもする。苦手な球はカットして粘る技術もある。スライダーにカットボール、スプリット、カーブも投げるが、人一倍気が強くプライドの高い彼は、自慢のストレートで日本の打者を打ち取りたいという意識が強い。その点がどうなるか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る