小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は山梨学院や熊本・城北など、全国の各校で臨時コーチを務める。

夏に明るい材料なし 一度チームを解体する

公開日: 更新日:

■新1年生にもチャンス

 力がなかった。27日のセンバツ1回戦で横浜は八戸学院光星(青森)に5―9。先発した左腕エースの伊藤将司(3年)が三回に打者9人に4安打を浴びて5失点。投手陣が15安打9失点の完敗だった。

 マスコミに優勝候補と持ち上げられても、2月の段階では「甲子園では苦しい」と感じた。それが、3月になって練習試合が始まると急に内容が良くなった。私もある程度の手応えを感じ、全員が「いける」と勘違いしてしまった。

 練習試合で好投しても伊藤に球威がないのは気になっていた。直球は通常なら130キロは超えるが、この日はほとんどが120キロ台。1回戦最後の登場で待つ期間が長かった上、雨で1日順延した日程も災いした。通常2日前から練習量を落として調整するものが、3日前からになり、走り込み量が少なくなった。ただ、相手も同じ条件だから言い訳にはできない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  3. 3

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    パCSファイナルで激突 西武とソフトBはFA戦線でも暗闘

  6. 6

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  7. 7

    複数球団が熱視線 ソフトB福田がオフFA最大の目玉は本当か

  8. 8

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  9. 9

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

  10. 10

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る