小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は山梨学院や熊本・城北など、全国の各校で臨時コーチを務める。

夏に明るい材料なし 一度チームを解体する

公開日: 更新日:

 大会中だから明かさないが、光星の1番・北條君(3年)、5番・蔡君(3年)、8番・馬場君(2年)などのキーマンの弱点は練習試合を視察して「小倉メモ」に記し、バッテリーと入念に対策を練っていた。それでも130キロに届かない直球で抑えられるほど、光星打線は甘くなかった。

 1―1の三回の先頭、その北條君に二塁打された時点で、状態が上がっていた2番手の日暮圭一(3年)へ継投してもよかった。主将の松崎健造(3年)の牽制死などのミスも出て、試合運びが後手後手に回ってしまった。

 まだまだ実力は足りないものの、プロ注目といわれる1番・浅間大基(3年)と4番・高浜祐仁(3年)は大阪入りしてからも付きっ切りで打撃指導した。2安打ずつ放ったのはまずまずといえるが、はっきり言って夏への明るい材料は見当たらない。


 2年生主体のチームで出場した昨夏の甲子園メンバー9人が残っていたにもかかわらず、ただ出るだけのチームになってしまった。神奈川県内の高校に「横浜に勝てる」とスキを見せたも同然。名前で相手を威圧できるか、できないか。これは大きなことなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “鶏卵疑惑”自民に飛び火か…これがズブズブ「献金リスト」

  2. 2

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  3. 3

    原巨人ドラ2異例の先物買い 次期阿部政権への置き土産?

  4. 4

    安倍晋三を擁護してきた連中も泥舟と一緒に沈めなければ

  5. 5

    GoTo延長の菅政権に聞かせたい米シンクタンク“日本の評価”

  6. 6

    高倉健さんが結婚祝いにロレックスの腕時計を届けてくれた

  7. 7

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  8. 8

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  9. 9

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  10. 10

    LiSAは「鬼滅」だけじゃない 紅白をさらに楽しむ“必聴3曲”

もっと見る