西武ドラ1森 二軍で「インフル発症」の踏んだり蹴ったり

公開日: 更新日:

 何のための二軍スタートだったのか。
 インフル禍が止まらない西武、26日にはとうとうドラ1ルーキーの森友哉(18、大阪桐蔭)まで感染者に名を連ねた。この日は高木野手総合コーチ、嶋守備走塁コーチもインフルエンザB型と診断され、二軍だけで12人が発症している。

 そのため森は、25日のヤクルト戦では本職の捕手ではなく、なんと左翼で先発出場。本来試合に出るはずだった坂田が試合前練習で左肩を脱臼。インフルエンザが蔓延しているせいで代わりの外野手が足りず、森に白羽の矢が立ったのだ。

 そもそも、高校ナンバーワン捕手と話題性のある森が一軍にいないのは、「二軍で実戦を積ませる」という伊原監督の方針だ。一軍には炭谷という正捕手がいる以上、出番は限られる。それならば、二軍で試合に出しながら鍛えた方が本人のためにもなる、というわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  2. 2

    沢尻エリカ逮捕に長谷川博己の胸中は…事務所担当者が語る

  3. 3

    沢尻エリカの再生に尽力も水泡…“実姉”蜷川実花監督の慟哭

  4. 4

    長期の理由は国民洗脳 安倍政権の“桂太郎超え”2887日<上>

  5. 5

    スキャンダルで目くらましする官邸の手法は見抜かれている

  6. 6

    自民改選議員を“常習”招待「桜を見る会」で48人違法当選か

  7. 7

    「死ね」暴言の笠りつ子に厳重注意のみ…遅すぎた大甘処分

  8. 8

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  9. 9

    芦田愛菜は大絶賛も…“着物姿”を比べられた神田うのの悲哀

  10. 10

    桜を見る会前夜 安倍事務所とニューオータニに裏取引疑惑

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る