マンUモイーズ監督の首をつないだ“冷遇”香川の奮闘プレー

公開日:  更新日:

 欧州CL準々決勝で対戦した名門同士、マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)とバイエルン・ミュンヘン(ドイツ)には「昨季のリーグ王者」「オフに新監督招聘(しようへい)」の共通項があった。

 しかし、今季の成績は天と地ほどの差がついた。グアルディオラ元バルセロナ監督を招いたバイエルンは、無敗で3月中にリーグ優勝決定。前エバートン監督モイーズ率いるマンUは、欧州リーグ出場圏内にも届かない7位に低迷している。 ひとえに「両指揮官の能力の差がモロに出た」(サッカージャーナリスト)。

 日本時間2日早朝開始の第1レグも、マンUの劣勢ぶりは目を覆うばかり。何とか0─0でしのいだとはいえ、前半のボール支配率はバイエルン73%─マンU27%。パス成功本数ではバイエルン389本(成功率86%)に対してマンU82本(60%)と圧倒的大差がついた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る