• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

マンUモイーズ監督の首をつないだ“冷遇”香川の奮闘プレー

 欧州CL準々決勝で対戦した名門同士、マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)とバイエルン・ミュンヘン(ドイツ)には「昨季のリーグ王者」「オフに新監督招聘(しようへい)」の共通項があった。

 しかし、今季の成績は天と地ほどの差がついた。グアルディオラ元バルセロナ監督を招いたバイエルンは、無敗で3月中にリーグ優勝決定。前エバートン監督モイーズ率いるマンUは、欧州リーグ出場圏内にも届かない7位に低迷している。 ひとえに「両指揮官の能力の差がモロに出た」(サッカージャーナリスト)。

 日本時間2日早朝開始の第1レグも、マンUの劣勢ぶりは目を覆うばかり。何とか0─0でしのいだとはいえ、前半のボール支配率はバイエルン73%─マンU27%。パス成功本数ではバイエルン389本(成功率86%)に対してマンU82本(60%)と圧倒的大差がついた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  3. 3

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  4. 4

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  5. 5

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  6. 6

    もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

  7. 7

    強がっても負け惜しみ 安倍政権レームダック化の急加速

  8. 8

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  9. 9

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  10. 10

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

もっと見る