日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

マンUモイーズ監督の首をつないだ“冷遇”香川の奮闘プレー

 欧州CL準々決勝で対戦した名門同士、マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)とバイエルン・ミュンヘン(ドイツ)には「昨季のリーグ王者」「オフに新監督招聘(しようへい)」の共通項があった。

 しかし、今季の成績は天と地ほどの差がついた。グアルディオラ元バルセロナ監督を招いたバイエルンは、無敗で3月中にリーグ優勝決定。前エバートン監督モイーズ率いるマンUは、欧州リーグ出場圏内にも届かない7位に低迷している。 ひとえに「両指揮官の能力の差がモロに出た」(サッカージャーナリスト)。

 日本時間2日早朝開始の第1レグも、マンUの劣勢ぶりは目を覆うばかり。何とか0─0でしのいだとはいえ、前半のボール支配率はバイエルン73%─マンU27%。パス成功本数ではバイエルン389本(成功率86%)に対してマンU82本(60%)と圧倒的大差がついた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事