• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

すっかり戦力外マンU香川 期待できないザックの“影響力”

 マンチェスター・ユナイテッドで戦力外扱い同然の日本代表MF香川真司(25)。モイーズ監督体制になって出番が激減し、ほとんど飼い殺し状態の香川に同情する日本のメディアの中には<欧州サッカー界でのザックの発言力に期待>とし、日本サッカー協会関係者が「本田のミラン入りをザックが推薦したように香川の出場機会を増やすような圧力を(マンUに)かけて欲しい」とコメントしたという報道もあった。

 かつてミランでセリエA優勝を飾ったザックだが、ひと昔前以上の98─99年シーズンのコト。他クラブでの成績はパッとせず、10年8月に日本代表監督に就任した際には「過去の人・ザックにオファーが届くとは!」と現地イタリアで驚きの声が上がった。

 そんなザックにプレミアの名門マンUの特定選手の起用法に口を出せるほどの力も権限もあるワケがない。
「ミラン関係者から本田についての問い合わせが入り、ザックが<彼はメンタルも強い。必ずイタリアで成功する>と回答したのは事実。だからといって母国イタリア以外の、それもマンU級のビッグクラブと簡単にコンタクトが取れる間柄でもないし、そもそも日本サッカー協会関係者が<出場機会を増やすような圧力をかけて欲しい>とコメントするなんてあり得ない。サッカー関係者が失笑している」(放送関係者)

 プレミア関係者の何人がザッケローニのコトを知っているのか?その特集が読んでみたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  3. 3

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  4. 4

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    サザン桑田が涙を流して「RCに負けた」と語った札幌の夜

  7. 7

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  10. 10

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

もっと見る