すっかり戦力外マンU香川 期待できないザックの“影響力”

公開日: 更新日:

 マンチェスター・ユナイテッドで戦力外扱い同然の日本代表MF香川真司(25)。モイーズ監督体制になって出番が激減し、ほとんど飼い殺し状態の香川に同情する日本のメディアの中には<欧州サッカー界でのザックの発言力に期待>とし、日本サッカー協会関係者が「本田のミラン入りをザックが推薦したように香川の出場機会を増やすような圧力を(マンUに)かけて欲しい」とコメントしたという報道もあった。

 かつてミランでセリエA優勝を飾ったザックだが、ひと昔前以上の98─99年シーズンのコト。他クラブでの成績はパッとせず、10年8月に日本代表監督に就任した際には「過去の人・ザックにオファーが届くとは!」と現地イタリアで驚きの声が上がった。

 そんなザックにプレミアの名門マンUの特定選手の起用法に口を出せるほどの力も権限もあるワケがない。
「ミラン関係者から本田についての問い合わせが入り、ザックが<彼はメンタルも強い。必ずイタリアで成功する>と回答したのは事実。だからといって母国イタリア以外の、それもマンU級のビッグクラブと簡単にコンタクトが取れる間柄でもないし、そもそも日本サッカー協会関係者が<出場機会を増やすような圧力をかけて欲しい>とコメントするなんてあり得ない。サッカー関係者が失笑している」(放送関係者)

 プレミア関係者の何人がザッケローニのコトを知っているのか?その特集が読んでみたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ復調の兆し 再結成「沢尻会」の意外な顔ぶれ

  2. 2

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  3. 3

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  4. 4

    評価は急落…大船渡・佐々木“一球も投げず初戦敗退”の波紋

  5. 5

    芸能界ファミリー新派閥「瑛太会」を悩ます“ボス”の酒癖

  6. 6

    巨人・上原監督の可能性は?“生え抜きエース”の条件クリア

  7. 7

    今オフにもポスティング 広島・菊池涼介メジャーでの値段

  8. 8

    安倍政権が労働者イジメ 経営者が首切り自由の“改悪制度”

  9. 9

    令和初の国賓も…日米首脳会談「共同声明」見送りの“真相”

  10. 10

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る