香川ピンチ…マンU逆転8強でモイーズ監督“延命”の皮肉

公開日:  更新日:

 イングランドのマンチェスター・ユナイテッドが欧州CL決勝トーナメント1回戦を勝ち上がるには、20日(日本時間早朝開始)のオリンピアコス(ギリシャ)との第2レグを3―0のスコアで勝てばOK。もちろん地元サポーターの熱烈応援があっても至難のワザのはずだったが……今季不調のエースFWが、大仕事を達成した。

 前半25分、オランダ代表FWファン・ペルシーがPKを決めて先制。前半ロスタイムには、FWルーニーのクロスを左足ダイレクトで、51分にはFKを叩き込んでハットトリック。敵地での第1レグ0―2負けから大逆転で準々決勝進出だ。

 これでクビ寸前だったモイーズ監督も命拾いである。采配1年目の今季はリーグ戦7位に低迷し、CLで敗退した上に26日の宿敵マンチェスター・シティー戦に敗れると「解任が言い渡されることになっていた」(サッカージャーナリスト)からだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  10. 10

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

もっと見る