“飼い殺し”でも残留 マンU香川「決意」の真相

公開日:  更新日:

 現地イングランドでも、「なぜカガワはマンチェスター・ユナイテッドを出ていこうとしなかったのか」と、今でもクビをかしげている人は多い。

 モイーズ新監督体制で出番が激減。先月末にはスペイン代表MFマタが加入した。飼い殺しは想定内である。実際、マタ加入後は「ベンチ・出番なし」「ベンチ外」だったが、香川は移籍するそぶりも見せなかった。

「前所属先のブンデスリーガ・ドルトムントのクロップ監督の去就が大きく関係している」とは、某マスコミ関係者だ。

 10年夏にドルトムントに加わった香川をトップ下に固定したクロップ監督は、2季連続でブンデスリーガ優勝の偉業を達成。12年夏に香川はマンUに移籍したが、クロップは『ゲーゲン・プレス』と呼ばれるプレッシング&カウンターサッカーで結果を残し、評価は高まる一方なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

もっと見る