実は不安と問題が山積…巨人の“死角”はリリーフ投手陣

公開日: 更新日:

 10人中10人の評論家が巨人のリーグ優勝を予想する今年のセ・リーグ。戦力は頭一つどころか二つも三つも抜けていると早くも諦めムードが漂う球団もあるが、死角がないわけではない。投手陣が不安定なのだ。

 原監督が何よりも心配しているのは、絶対的セットアッパー山口鉄也(30)が本調子には程遠いことだ。08年から6年連続60試合登板。原監督をはじめ、多くのチームメートがリーグ2連覇の「陰のMVP」と口を揃える鉄腕だ。06年から続く原監督の第2次政権を支えた「MVP」の呼び声もある。

 それほどの絶対的な存在が、キャンプで初めて左肩を痛めた。一軍復帰はしたものの、防御率は11.25と散々。開幕直前の今になって体をつくり直しているのだから、ただ事ではない。首脳陣の中には、今年は山口を慎重に起用する考えもあるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  5. 5

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

  6. 6

    コロナ患者退院後12.3%死亡の衝撃 回復しても3割が再入院

  7. 7

    ジュニア「22歳定年制」導入 “ポスト木村拓哉”だったT君は

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    松本潤「どうする家康」でNHKが狙う“ALLジャニーズ時代劇”

  10. 10

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

もっと見る