代表初参加のC大阪FW南野 「完成度」は当時の香川以上

公開日:  更新日:

 C大阪所属の左サイドアタッカー、U─19代表FWの南野拓実(19)が、23歳以下の五輪代表を飛び越えて「2階級特進」を果たした。

 7日に始まった日本代表候補合宿に唯一の10代選手として参加した南野は、前日のJ1柏戦で痛めた右足首に違和感が残り、ひとりだけ別メニュー調整に終始した。合宿2日目からは「大丈夫。練習に合流します」と話す南野。C大阪では、2列目の左サイドを主戦場とするドリブラーだが、このまま持ち味をしっかりとアピールして日本代表に生き残れるのか?

「日本代表の2列目は左から香川、本田、岡崎で固定されているが、ザッケローニは《左サイドから積極的に仕掛け、個の力で局面を打開できるドリブラー》をずっと探してきた。これまでG大阪のFW宇佐美、アーセナルFWの宮市、VVVのFW大津などが呼ばれたが、いずれも代表に定着できなかった。重用されてきたフランクフルトのFW乾も調子を落としており、今合宿に呼ばれた横浜MのFW斎藤、浦和のFW原口と南野の3人が“ドリブラー枠”を争っているともっぱら。現時点では南野が最有力候補といわれている」(サッカージャーナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る