日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ザックは勇気ない」と専門家 日本代表W杯全敗に“現実味”

 W杯イヤー最初の日本代表戦は、昨年11月19日のベルギー戦以来、約4カ月ぶりのこと。相手は世界ランキング89位のニュージーランド代表。同50位の日本よりも格下相手に勝った負けたと騒ぐよりも、「W杯メンバーを見極める」という意味で重要な試合だったはず。

 W杯出場32カ国が「30人の予備登録選手のリスト」をFIFAに提出するのが5月13日。中旬には「最終登録23人」を発表する。次の日本代表戦は、5月27日のキプロス戦。ニュージーランド戦が、最後の実戦テストの場となったからである。

 もっとも、W杯まで100日を切った時期に最終メンバーの主軸が固定されず、控え選手が流動的というのもヘンな話である。それもこれもザッケローニ監督が「欧州組偏重」「実績重視」に凝り固まり、選手選考が硬直化していたからだ。

■固定できない主軸

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事