「ザックは勇気ない」と専門家 日本代表W杯全敗に“現実味”

公開日: 更新日:

 W杯イヤー最初の日本代表戦は、昨年11月19日のベルギー戦以来、約4カ月ぶりのこと。相手は世界ランキング89位のニュージーランド代表。同50位の日本よりも格下相手に勝った負けたと騒ぐよりも、「W杯メンバーを見極める」という意味で重要な試合だったはず。

 W杯出場32カ国が「30人の予備登録選手のリスト」をFIFAに提出するのが5月13日。中旬には「最終登録23人」を発表する。次の日本代表戦は、5月27日のキプロス戦。ニュージーランド戦が、最後の実戦テストの場となったからである。

 もっとも、W杯まで100日を切った時期に最終メンバーの主軸が固定されず、控え選手が流動的というのもヘンな話である。それもこれもザッケローニ監督が「欧州組偏重」「実績重視」に凝り固まり、選手選考が硬直化していたからだ。

■固定できない主軸

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  4. 4

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  5. 5

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  6. 6

    遅刻の虎藤浪は無期限二軍も…「メジャー挑戦が最善」の声

  7. 7

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  8. 8

    石田純一は沖縄で女性と会食…東尾理子激怒で三くだり半か

  9. 9

    安藤裕氏 コロナ禍こそ平成の経済対策に終止符を打つべき

  10. 10

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

もっと見る