7三振5四球で連敗…楽天・松井裕が抱える“もろ刃の剣”

公開日:  更新日:

 黄金ルーキーに何があったのか。

 9日の日本ハム戦でプロ2戦目のマウンドに上がった楽天の松井(桐光学園)。三回までに6三振を奪う圧巻の投球もつかの間、四回に入るや突然制球が乱れた。それまでもボールが上ずることはあったものの、四回は3四球で満塁。大引に2点適時打を許し、さらに四球を出した時点で降板となった。3回3分の1、3安打2失点、7三振5四球。これで開幕2連敗だ。

「情けないです……。四回に生命線のストレートでストライクが入らなくなってしまい、マウンド上で修正することが出来ませんでした」

 力なくうなだれた松井。突然の乱調に、「札幌ドームのマウンドが合わなかったのでは」という声も聞かれた。ここのマウンドを知り尽くす元日ハムの金村暁氏(評論家)は「ネット裏で見ていましたが、立ち上がりなどは苦にしていませんでした。むしろ、札幌ドームのマウンドは硬くて投げやすいと思いますが……」と、否定した上で乱調の原因をこう話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る