7三振5四球で連敗…楽天・松井裕が抱える“もろ刃の剣”

公開日: 更新日:

 黄金ルーキーに何があったのか。

 9日の日本ハム戦でプロ2戦目のマウンドに上がった楽天の松井(桐光学園)。三回までに6三振を奪う圧巻の投球もつかの間、四回に入るや突然制球が乱れた。それまでもボールが上ずることはあったものの、四回は3四球で満塁。大引に2点適時打を許し、さらに四球を出した時点で降板となった。3回3分の1、3安打2失点、7三振5四球。これで開幕2連敗だ。

「情けないです……。四回に生命線のストレートでストライクが入らなくなってしまい、マウンド上で修正することが出来ませんでした」

 力なくうなだれた松井。突然の乱調に、「札幌ドームのマウンドが合わなかったのでは」という声も聞かれた。ここのマウンドを知り尽くす元日ハムの金村暁氏(評論家)は「ネット裏で見ていましたが、立ち上がりなどは苦にしていませんでした。むしろ、札幌ドームのマウンドは硬くて投げやすいと思いますが……」と、否定した上で乱調の原因をこう話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    「政治とカネ」問題かわす菅首相が10年前に言っていた正論

  3. 3

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  4. 4

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  5. 5

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

  6. 6

    邪な思惑があるとしか思えない菅首相の東京五輪への固執

  7. 7

    GoTo予算1兆円は“死に金” それでも菅首相が撤回しない理由

  8. 8

    東京五輪ゴリ押し開催は金のため…菅総理には中止こそ悪夢

  9. 9

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  10. 10

    菅野の父親に県大会決勝の先発辞退を直訴するよう勧めた

もっと見る