• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

7三振5四球で連敗…楽天・松井裕が抱える“もろ刃の剣”

 黄金ルーキーに何があったのか。

 9日の日本ハム戦でプロ2戦目のマウンドに上がった楽天の松井(桐光学園)。三回までに6三振を奪う圧巻の投球もつかの間、四回に入るや突然制球が乱れた。それまでもボールが上ずることはあったものの、四回は3四球で満塁。大引に2点適時打を許し、さらに四球を出した時点で降板となった。3回3分の1、3安打2失点、7三振5四球。これで開幕2連敗だ。

「情けないです……。四回に生命線のストレートでストライクが入らなくなってしまい、マウンド上で修正することが出来ませんでした」

 力なくうなだれた松井。突然の乱調に、「札幌ドームのマウンドが合わなかったのでは」という声も聞かれた。ここのマウンドを知り尽くす元日ハムの金村暁氏(評論家)は「ネット裏で見ていましたが、立ち上がりなどは苦にしていませんでした。むしろ、札幌ドームのマウンドは硬くて投げやすいと思いますが……」と、否定した上で乱調の原因をこう話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    学長会見は“ガキの使い” 日大理事長が絶対表に出ない理由

  2. 2

    元財務省・田中秀明氏 官僚の「政治化」が生んだ忖度体質

  3. 3

    ブームが去って「残念!」…ギター侍・波田陽区さんは今

  4. 4

    石原さとみに未練か “決断できない男”山下智久に心配の声

  5. 5

    天敵の籠池氏保釈で“劇場”再燃 高まる「6.20会期末解散」

  6. 6

    田中圭「おっさんずラブ」 女性ファン狂喜乱舞の“肉体美”

  7. 7

    テレ朝の刑事ドラマを追撃 “ダークな二宮和也”の心意気

  8. 8

    なぜ打ち切った? “上から目線”の日大広報・米倉氏を直撃

  9. 9

    「除名にしろ」の声も 日大アメフト部を待つ予想外の厳罰

  10. 10

    辞めたジャニーズの末路は…山口達也を待ち受ける“地獄道”

もっと見る