手首痛抱えマスターズ出場 松山に「曽雅妮の二の舞」懸念

公開日: 更新日:

 10日に開幕するゴルフのメジャー大会「マスターズ」(オーガスタ・ナショナルGC=7435ヤード・パー72)に出場する松山英樹(22)は、昨年痛めた左手首の関節炎が完治していない。

 ツアー参戦は3月のキャデラック選手権以来。開幕前日の9日はマーク・オメーラとともに後半9ホールをラウンド。その後、パットとアプローチの練習に時間を割いた。
「コースに対するイメージは湧いてきた。いいスタートを切りたいけど、自分が頑張っての結果。普段通りにやればいい」と意気込んだ。

 とはいえ公式練習2日目(8日)は予定の18ホールを回る予定を9ホールで切り上げた。練習中はテーピングをしている左手首を気にするしぐさも見せ、不安は隠せない。

 現地記者は「このままでは曽雅妮の二の舞いもある」と心配する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    二階堂ふみがトバッチリ…森七菜“移籍騒動”本当の黒幕は?

  2. 2

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  3. 3

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  4. 4

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  5. 5

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  6. 6

    南ア型「変異種」市中感染の恐怖 抗体もワクチンも効かず

  7. 7

    森七菜はまだマシ?ステージママは売れる前にわが子を潰す

  8. 8

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

  9. 9

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

  10. 10

    NHK朝ドラ歴代ヒロイン演じた女優たちは今どうしている?

もっと見る