• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

手首痛抱えマスターズ出場 松山に「曽雅妮の二の舞」懸念

 10日に開幕するゴルフのメジャー大会「マスターズ」(オーガスタ・ナショナルGC=7435ヤード・パー72)に出場する松山英樹(22)は、昨年痛めた左手首の関節炎が完治していない。

 ツアー参戦は3月のキャデラック選手権以来。開幕前日の9日はマーク・オメーラとともに後半9ホールをラウンド。その後、パットとアプローチの練習に時間を割いた。
「コースに対するイメージは湧いてきた。いいスタートを切りたいけど、自分が頑張っての結果。普段通りにやればいい」と意気込んだ。

 とはいえ公式練習2日目(8日)は予定の18ホールを回る予定を9ホールで切り上げた。練習中はテーピングをしている左手首を気にするしぐさも見せ、不安は隠せない。

 現地記者は「このままでは曽雅妮の二の舞いもある」と心配する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  7. 7

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  8. 8

    「ボラ申し込まなければいい」発言 IOCコーツの正体とカネ

  9. 9

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  10. 10

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

もっと見る