一振りで主導権 広島・松山 「アンパンマン」の面目躍如

公開日: 更新日:

「感触はよくなかったけど、いいところに落ちてくれました」

 ヨーイドンの初回2死満塁から、左翼線に先制の2点適時打。広島はこの男のひと振りで試合の主導権を握り、阪神に連勝。首位をガッチリとキープして貯金を「6」とした。

 鹿児島出身。鹿屋中央高、九州国際大を経て07年の大学・社会人ドラフト4巡目で広島入り。頬がプックリと膨らんだその風貌から、付いたアダ名は「アンパンマン」。
 窮地を救う正義の味方のヒーローにふさわしい活躍をしたのは11年6月の対西武戦。涌井(現ロッテ)から決勝打となるプロ初本塁打を放ってチームの連敗を「10」で止めた。

■小バックとバット2本で米アリゾナへ

 翌12年はオープン戦首位打者で開幕を一軍で迎えたものの、その後パッタリ。昨年、自己最高の2割8分2厘、10本塁打、52打点をマークして一軍に定着した。左の長距離砲で左腕を苦にするのが課題とはいえ、久々に「アンパンマン」らしい仕事ぶりだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  2. 2

    安倍首相が墓穴 桜を見る会夕食会弁明で法律違反を正当化

  3. 3

    出所の高山若頭が人事で動き回り「山口組3派」は荒れ模様

  4. 4

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    G山口ポスティング決定も評価辛口 年俸1000万円の可能性も

  7. 7

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  8. 8

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  9. 9

    根強く残る人種差別 W杯優勝の南アフリカ代表“美談”の裏側

  10. 10

    美馬がロッテ決断 巨人FA争奪戦初敗北で問われる補強姿勢

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る