• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

一振りで主導権 広島・松山 「アンパンマン」の面目躍如

「感触はよくなかったけど、いいところに落ちてくれました」

 ヨーイドンの初回2死満塁から、左翼線に先制の2点適時打。広島はこの男のひと振りで試合の主導権を握り、阪神に連勝。首位をガッチリとキープして貯金を「6」とした。

 鹿児島出身。鹿屋中央高、九州国際大を経て07年の大学・社会人ドラフト4巡目で広島入り。頬がプックリと膨らんだその風貌から、付いたアダ名は「アンパンマン」。
 窮地を救う正義の味方のヒーローにふさわしい活躍をしたのは11年6月の対西武戦。涌井(現ロッテ)から決勝打となるプロ初本塁打を放ってチームの連敗を「10」で止めた。

■小バックとバット2本で米アリゾナへ

 翌12年はオープン戦首位打者で開幕を一軍で迎えたものの、その後パッタリ。昨年、自己最高の2割8分2厘、10本塁打、52打点をマークして一軍に定着した。左の長距離砲で左腕を苦にするのが課題とはいえ、久々に「アンパンマン」らしい仕事ぶりだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  4. 4

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  5. 5

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  8. 8

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

もっと見る