日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

一振りで主導権 広島・松山 「アンパンマン」の面目躍如

「感触はよくなかったけど、いいところに落ちてくれました」

 ヨーイドンの初回2死満塁から、左翼線に先制の2点適時打。広島はこの男のひと振りで試合の主導権を握り、阪神に連勝。首位をガッチリとキープして貯金を「6」とした。

 鹿児島出身。鹿屋中央高、九州国際大を経て07年の大学・社会人ドラフト4巡目で広島入り。頬がプックリと膨らんだその風貌から、付いたアダ名は「アンパンマン」。
 窮地を救う正義の味方のヒーローにふさわしい活躍をしたのは11年6月の対西武戦。涌井(現ロッテ)から決勝打となるプロ初本塁打を放ってチームの連敗を「10」で止めた。

■小バックとバット2本で米アリゾナへ

 翌12年はオープン戦首位打者で開幕を一軍で迎えたものの、その後パッタリ。昨年、自己最高の2割8分2厘、10本塁打、52打点をマークして一軍に定着した。左の長距離砲で左腕を苦にするのが課題とはいえ、久々に「アンパンマン」らしい仕事ぶりだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事