日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

カベに尻をつけてスイング点検

 バックスイングで腰が横(右)にスエーしていることに気がつかないでいる人が多いようだ。腰が構えた位置で回っているかどうか、自分でチェックする方法を金井清一プロに教わったことがある。

 カベにお尻をつけて構える。それでバックスイングしたとき、「お尻の左側がカベから離れ、右側だけがついていれば、腰は横(右)にスエーしないで、構えた位置で回っていることになる」と金井。

 バックスイングしたとき、お尻の左側がカベから離れずに両方がカベについていると、腰は構えた位置で回らずに横(右)にスエーしていることになる。お尻の右側だけをカベにつけ、左側はカベから離れるようにバックスイングしたい。
「頭を右に動かさずにバックスイングしようとしたときには頭は逆に左に動くので、左肩がボールに向かって沈み込んで、そのために右腰が動いてスエーすることが多い」と金井。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事