平昌五輪を目指すなら…浅田真央に求められる「コーチ交代」

公開日:  更新日:

 ソチ五輪でメダルなしに終わった女子フィギュアの浅田真央(23)。06年から1年半だけ真央を指導していたラファエル・アルトゥニアン氏(56)は、「一緒に18年の平昌五輪を目指せば金メダルを取らせる自信がある」と女性雑誌に語っている。かつての先生に戻るかどうかはともかく、次の五輪を目指すならコーチは代えるべきだ。そう思っているコーチはたくさんいるのではないか。

 真央はソチの個人戦ショートプログラム(SP)のトリプルアクセル(3A)で転倒。今季自己最低得点で金メダルの夢は消えた。フリーでは完璧な演技を見せたものの、10日ほど前に行われた団体戦の時からメダルが狙える状態ではなかった。

 真央は団体戦(SP)でも3Aに失敗すると「自分が予想していた以上に緊張した。リンクに乗ったとたんに気持ちをコントロールできなくなった」と漏らした。完全に五輪の雰囲気にのまれていたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  4. 4

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  5. 5

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る