日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「アップなしで即演技」…監督も脱帽する内村航平の天才ぶり

 体操の内村航平(25)といえば09年から世界選手権、ロンドン五輪で個人総合5連覇。指導する加藤裕之・コナミ体操競技部監督は「他の選手とはレベルがかなり違う。世界的に認められている。史上最強と言ってもいい」とまで言い切る。

 その内村の天才ぶりを22日に優秀な指導者に贈られる「2013年度ミズノスポーツメントール賞ゴールド」を受賞した加藤監督がこう表現した。
「内村は(練習のとき)まったくアップもしないで、いきなり演技をやってのける。それも全種目だ。普通の選手はやれないしやらない。世界でも誰もできない。想像を絶する練習だ」

 普通の選手、いや一流の選手でもそんなことをすればケガをするのがオチ。だから入念なアップを行った上で練習、演技に取り組む。内村はいきなり鉄棒につかまり、つり輪にぶら下がって、五輪レベルのパフォーマンスを見せる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事