「アップなしで即演技」…監督も脱帽する内村航平の天才ぶり

公開日: 更新日:

 体操の内村航平(25)といえば09年から世界選手権、ロンドン五輪で個人総合5連覇。指導する加藤裕之・コナミ体操競技部監督は「他の選手とはレベルがかなり違う。世界的に認められている。史上最強と言ってもいい」とまで言い切る。

 その内村の天才ぶりを22日に優秀な指導者に贈られる「2013年度ミズノスポーツメントール賞ゴールド」を受賞した加藤監督がこう表現した。
「内村は(練習のとき)まったくアップもしないで、いきなり演技をやってのける。それも全種目だ。普通の選手はやれないしやらない。世界でも誰もできない。想像を絶する練習だ」

 普通の選手、いや一流の選手でもそんなことをすればケガをするのがオチ。だから入念なアップを行った上で練習、演技に取り組む。内村はいきなり鉄棒につかまり、つり輪にぶら下がって、五輪レベルのパフォーマンスを見せる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  2. 2

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  3. 3

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

  4. 4

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  5. 5

    コロナ禍の最中に…小池都知事は退職金3500万円を得ていた

  6. 6

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  7. 7

    世界にたった100台…3.5億円“幻の名車”が一瞬にしてクズに

  8. 8

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  9. 9

    小池知事“ひとり相撲”で泥縄の大誤算…情弱で対応周回遅れ

  10. 10

    小池知事「コロナ重症者数」過少申告の姑息 196人を39人と

もっと見る