日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「多く食べられない」 体脂肪率3%の羽生結弦が小食を告白

「まだ僕自身あんまり食事に興味がなくて……すみません。あまりご飯を多く食べられる方ではありません」

 ソチ五輪フィギュアの金メダリスト、羽生結弦が24日、外国特派員協会の記者会見でこういった。

 羽生はもともと食が細く、身長171センチで体重は52キロしかない。食べることに興味がないのなら、大会前に好きなものを我慢するストレスも感じないのだろう。それにしても、成人男子なら16~17%前後が標準といわれる体脂肪率は驚異の3%台。お腹の出ているオジさんたちには信じられない数字だ。

 ご存じのように体脂肪率とは、脂肪が体重の何%であるかという数字。極端に低ければ風邪をひきやすいなどの弊害がある。華奢(きゃしゃ)な体はジャンプの回転などでは有利だが、羽生はぜんそく持ちでそもそも体は強い方ではない。演技後半のスタミナ切れも課題だった。オバマ大統領も大好きな寿司は好物のひとつ。オリンピックで金メダルを取ったのだから、秋のシーズンが始まるまでは、いろいろおいしいものを口にしてはどうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事