羽生は4回転ミスも…次の五輪「5回転ジャンプ」時代突入か

公開日:  更新日:

 誰かが壁をブチ破るはずだ。
 ソチ五輪で金メダルに輝いた羽生結弦(19)は、世界選手権初制覇へ向けて挑んだショートプログラムで冒頭の4回転ジャンプで転倒するなど、ミスが響き3位発進。首位はソチ五輪5位の町田樹(24)、2位は同4位のフェルナンデス(22=スペイン)。小塚崇彦(25)は6位だった。フリーは28日に行われる。

 国際大会で上位争いをする男子にとって、今や4回転ジャンプは必要不可欠。4回転を跳ばずしてメダルを手にすることはできない。4年前のバンクーバーでは4回転を回避したライサチェク(米国)が頂点に立ったが、4年という時間がフィギュアの潮流を変えた。

 そこでだ、18年平昌五輪での男子フィギュアはどう変わるのか。
「必ず出てくるだろう」とみられているのが5回転ジャンプを跳ぶ選手だ。一昔前は「4回転なんて絶対無理」といわれていた。昨今の世界大会で上位を争う男子は当たり前のように跳んでいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る