羽生は4回転ミスも…次の五輪「5回転ジャンプ」時代突入か

公開日: 更新日:

 誰かが壁をブチ破るはずだ。
 ソチ五輪で金メダルに輝いた羽生結弦(19)は、世界選手権初制覇へ向けて挑んだショートプログラムで冒頭の4回転ジャンプで転倒するなど、ミスが響き3位発進。首位はソチ五輪5位の町田樹(24)、2位は同4位のフェルナンデス(22=スペイン)。小塚崇彦(25)は6位だった。フリーは28日に行われる。

 国際大会で上位争いをする男子にとって、今や4回転ジャンプは必要不可欠。4回転を跳ばずしてメダルを手にすることはできない。4年前のバンクーバーでは4回転を回避したライサチェク(米国)が頂点に立ったが、4年という時間がフィギュアの潮流を変えた。

 そこでだ、18年平昌五輪での男子フィギュアはどう変わるのか。
「必ず出てくるだろう」とみられているのが5回転ジャンプを跳ぶ選手だ。一昔前は「4回転なんて絶対無理」といわれていた。昨今の世界大会で上位を争う男子は当たり前のように跳んでいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  2. 2

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  3. 3

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  4. 4

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  5. 5

    スコットランドにはショック…稲垣のトライが生まれた背景

  6. 6

    緊急放流の6ダムで事前放流せず 国交省・自治体に重大責任

  7. 7

    阪神CS出場も鳥谷は…寂しい終幕に球団と指揮官への不信感

  8. 8

    巨人ドラ2位候補で狙う149キロ即戦力“ノーノー左腕”の評価

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る