日本人選手は大丈夫? 「不正投球」で投手が払う高い代償

公開日: 更新日:

 ヤンキースの先発マイケル・ピネダ(25)が23日、レッドソックス戦で松ヤニを使った不正投球がバレて退場処分を食らった。首に塗った松ヤニを触ってからボールを投げていたのだ。

 レッドソックスのファレル監督が「二回になって首に何かついているのが分かった。あまりにも明確で、許容範囲を超えていた」と話したように、メジャーでは多かれ少なかれ不正投球がまかり通っているのだろう。

 レッドソックスのバックホルツは昨季、6月上旬までに9勝を挙げた際に不正投球疑惑が取り沙汰された。ピネダもここまで2勝1敗、防御率1.00。投手は好調であればあるほど疑いを向けられる。

■処分中は球場への出入りも禁止

 今季好調な日本人投手は大丈夫なのか。日本人投手の不正投球に関しては、こんな話がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカの再生に尽力も水泡…“実姉”蜷川実花監督の慟哭

  2. 2

    沢尻エリカ逮捕に長谷川博己の胸中は…事務所担当者が語る

  3. 3

    取締役と2度会食 安倍事務所がニューオータニを“口封じ”か

  4. 4

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  5. 5

    「元ミヤネ屋」巨人春川国際部長 たった7カ月で“お払い箱”

  6. 6

    プロ意識欠如し誘惑に負け…沢尻エリカと剛力彩芽の共通項

  7. 7

    美馬に続き鈴木にもフラれ…巨人FA2連敗が“怪我の功名”に

  8. 8

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  9. 9

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  10. 10

    今度はパワハラ裁判 たけしを悩ます老いらくの恋の“代償”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る