日本人選手は大丈夫? 「不正投球」で投手が払う高い代償

公開日:  更新日:

 ヤンキースの先発マイケル・ピネダ(25)が23日、レッドソックス戦で松ヤニを使った不正投球がバレて退場処分を食らった。首に塗った松ヤニを触ってからボールを投げていたのだ。

 レッドソックスのファレル監督が「二回になって首に何かついているのが分かった。あまりにも明確で、許容範囲を超えていた」と話したように、メジャーでは多かれ少なかれ不正投球がまかり通っているのだろう。

 レッドソックスのバックホルツは昨季、6月上旬までに9勝を挙げた際に不正投球疑惑が取り沙汰された。ピネダもここまで2勝1敗、防御率1.00。投手は好調であればあるほど疑いを向けられる。

■処分中は球場への出入りも禁止

 今季好調な日本人投手は大丈夫なのか。日本人投手の不正投球に関しては、こんな話がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  2. 2

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る