日本人選手は大丈夫? 「不正投球」で投手が払う高い代償

公開日: 更新日:

 ヤンキースの先発マイケル・ピネダ(25)が23日、レッドソックス戦で松ヤニを使った不正投球がバレて退場処分を食らった。首に塗った松ヤニを触ってからボールを投げていたのだ。

 レッドソックスのファレル監督が「二回になって首に何かついているのが分かった。あまりにも明確で、許容範囲を超えていた」と話したように、メジャーでは多かれ少なかれ不正投球がまかり通っているのだろう。

 レッドソックスのバックホルツは昨季、6月上旬までに9勝を挙げた際に不正投球疑惑が取り沙汰された。ピネダもここまで2勝1敗、防御率1.00。投手は好調であればあるほど疑いを向けられる。

■処分中は球場への出入りも禁止

 今季好調な日本人投手は大丈夫なのか。日本人投手の不正投球に関しては、こんな話がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  3. 3

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  4. 4

    桜疑惑で安倍前首相に致命的弱点 “虚偽答弁”を見過ごすな

  5. 5

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  6. 6

    菅首相が公邸に呼んだ医師が話題 コロナ対策持論に弊害も

  7. 7

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  8. 8

    不祥事連発ジャニーズJr. “22歳活動終了制度”導入の波紋

  9. 9

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  10. 10

    森七菜「電撃移籍」の真相 “恩人の死”引き金で実母が暗躍

もっと見る