• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日本人選手は大丈夫? 「不正投球」で投手が払う高い代償

 ヤンキースの先発マイケル・ピネダ(25)が23日、レッドソックス戦で松ヤニを使った不正投球がバレて退場処分を食らった。首に塗った松ヤニを触ってからボールを投げていたのだ。

 レッドソックスのファレル監督が「二回になって首に何かついているのが分かった。あまりにも明確で、許容範囲を超えていた」と話したように、メジャーでは多かれ少なかれ不正投球がまかり通っているのだろう。

 レッドソックスのバックホルツは昨季、6月上旬までに9勝を挙げた際に不正投球疑惑が取り沙汰された。ピネダもここまで2勝1敗、防御率1.00。投手は好調であればあるほど疑いを向けられる。

■処分中は球場への出入りも禁止

 今季好調な日本人投手は大丈夫なのか。日本人投手の不正投球に関しては、こんな話がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  3. 3

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  7. 7

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  8. 8

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  9. 9

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  10. 10

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

もっと見る