「統一球問題」でいまだ飛び交う守備陣の怒りと戸惑い

公開日: 更新日:

 現場からは怒りと戸惑いの声が少なくない。統一球が「飛ぶボール」になっていた問題で、29日の試合から反発係数の基準に適合するボールに切り替えるという。

 18日の阪神戦では、ヤクルトの小川が鳥谷の強烈な打球を右手に当てて骨折。巨人の菅野も16日のヤクルト戦で、2打席連続でゴロを右手に当てた。

 ボールの反発力が上がったことで、選手からは「打球が速くなった」「以前よりもボールを重く感じなくなり、バットが折れなくなった」という声も聞こえる。

 ヤクルトのベテラン左腕・石川はこう話す。

「普段からゴロ捕球の練習はしているが、打球が速くなると反応できなくなることもある。だからといって怖がっていてはいけない。小川も、もし打球が顔に当たっていたら、大変なことになっていたかもしれない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  3. 3

    二階堂ふみがトバッチリ…森七菜“移籍騒動”本当の黒幕は?

  4. 4

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  5. 5

    南ア型「変異種」市中感染の恐怖 抗体もワクチンも効かず

  6. 6

    森七菜はまだマシ?ステージママは売れる前にわが子を潰す

  7. 7

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  8. 8

    政府肝入り「新幹線輸出」が頓挫…台湾が新車両購入を拒否

  9. 9

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

  10. 10

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

もっと見る