マンU香川 ノーゴールでかまびすしい「来季の居場所」

公開日: 更新日:

 マンチェスター・ユナイテッドの日本代表FW香川真司(25)が、ホーム最終戦(第34節=延期分)のハル戦に先発フル出場した(日本時間7日午前4時45分キックオフ)。

 この試合の見どころは「3つ」。まずは下部組織所属の18歳FWウィルソンのパフォーマンス。

 1トップの新鋭FWは前半31分、しっかりとチャンスをモノにした。MFヤヌザイ、MFフェライニのベルギー代表コンビがつないだボールを左足ボレーで叩き込んだのである。後半16分の2点目も「同じパターン」で生まれた。ヤヌザイが右サイドを突破。ゴール前でパスを受けたフェライニがシュート。GKに当たって跳ね返ったところを押し込み、プレミアデビュー戦&2ゴールの活躍に地元メディアは「ハッピーボーイが誕生した」と大ハシャギだ。

 2つ目は、選手兼コーチで4月22日から代行監督を務めている40歳MFギグスが、どのタイミングで「交代! オレ!」とピッチに登場してくるか? それは後半25分に実現した。左MFローレンスに代わって登場。FWファン・ペルシーの後半42分の3点目をお膳立てするなど絶妙プレーにサポーターも大喝采だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    「オレ流」落合監督の入閣打診 早すぎる前々年12月だった

  3. 3

    愛知県リコール署名偽造はビジネス右翼による国家国民攻撃

  4. 4

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  5. 5

    粗品に“破滅型芸人”の匂い ギャンブル&借金でやっさん化

  6. 6

    菅側近はNTTともズブズブ 金満接待漬けで検察捜査に現実味

  7. 7

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  8. 8

    情事の明暗 小川アナ夫は資産30億円目減りもアルペンは…

  9. 9

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  10. 10

    空港でパンツ下ろせ!中国が採用「肛門PCR」2つのメリット

もっと見る