日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

マンU香川 モイーズ後任次第では再び“冷や飯”の可能性

 マンチェスター・ユナイテッドのモイーズ監督(51)のクビが飛んだ。兆候は日本時間21日の敵地エバートン戦の「試合中」にあった。

「モイーズ監督の古巣エバートンに負けた時点で今季5位以下が確定。来季CL出場の可能性が消える。マンU選手は《モイーズを辞めさせたい》としか思えないような消極的なプレーに終始。0─2で負けた。実は、6年契約のモイーズ監督だが、契約書に『CL出場権を失った場合は違約金なしで解任することができる』条項がある。それを察知した選手が、無能監督を辞めさせるために手抜きプレーをやったのです」(サッカー記者)

 現地イングランドでは「後任候補が大手ブックメーカーのオッズと合わせて」報じられている。

(1)ファン・ハール(オランダ代表監督=4.5倍)
(2)ケイロス(イラン代表監督=6.5倍)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事