• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

展開に一喜一憂 破顔で終幕した中日・谷繁監督「顔面劇場」

「指揮官はベンチで喜怒哀楽を出すな」という人がいる。谷繁監督が見せた九回の表情は対照的だった。

 1点取ればサヨナラ勝ちの攻撃は、森野の左翼フェンス直撃の二塁打から始まった。このチャンスにニンマリした新監督は、続く和田の四球でチャンスを広げたまでは明るかった。が、堂上直のバントが投手前に転がり代走岩崎が三塁封殺。アウトのコールにガックリうなだれると、1死一、二塁から代打小笠原の二ゴロで相手野手にミスが出て一塁はセーフ。コーチ陣と喜んでいる間に、なぜか二塁からホームを狙った鈍足の和田が余裕のアウト。再び兼任監督は頭を垂れた。その数分後、2死一、二塁で代打・松井佑の内野安打で満塁になると、再び顔がほころび、最後は荒木の左前打で今季2度目のサヨナラ勝ち。満面の笑みでベンチを飛び出した。

 前日はアクシデントの川上の代役に指名された高卒2年目の浜田がまさかの完封劇。この試合を落としたら、浜田の奮闘が無意味になってしまう。大きな勝ち星に谷繁監督は「細かいところをちゃんとしないとね。でも、勝つとうれしいね」と言って上機嫌だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  5. 5

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  6. 6

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  7. 7

    金正恩が愚痴ポロリ 軍部の融和路線封じで非核化も後退か

  8. 8

    2カ月雲隠れ 日大アメフト内田前監督の呆れた“銭ゲバ闘争”

  9. 9

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  10. 10

    日欧EPA署名で酪農大打撃 食卓から“国産牛乳”が消える日

もっと見る