初完投の広島・大瀬良があえて選んだプロまでの“回り道”

公開日:  更新日:

 広島の大瀬良大地(22)が、因縁の甲子園でプロ初完投。九回、ゴメスに一発を浴びて完封こそ逃したものの、2位の阪神をたたいて首位固めの3勝目(1敗)を挙げた。

 いまから5年前、大瀬良は長崎日大のエースとして甲子園に出場。初戦で菊池雄星(現西武)擁する花巻東(岩手)を五回まで無失点に抑えながら敗れている。その甲子園でようやく白星をマークした。

 同じ時期、県内でしのぎを削ったのがいまは同僚となった今村。今村は当時、春のセンバツで全国制覇した清峰のエースだった。このときの準優勝が菊池の花巻東だ。

 高校時代は菊池にも今村にも後れを取ったとはいえ、九州共立大時代の4年間を経て、一躍ドラフトの目玉に。プロ入り後も首位広島のローテーション投手として、気を吐いている。

 菊池は目下、5試合に先発して1勝4敗、防御率4.50。プロ初の2ケタ勝利を期待されながら、スタートでいきなりつまずいた。

 今村も今季は開幕から絶不調。現在5試合にリリーフ登板して、防御率9.00とふるわず、今は二軍にいる。

 大瀬良は高3時、プロ志望届を出さず、九州共立大に進んだ。同期のライバルの現状と比べる限り、4年間は決して長い回り道ではなかったようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  10. 10

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

もっと見る