• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

初完投の広島・大瀬良があえて選んだプロまでの“回り道”

 広島の大瀬良大地(22)が、因縁の甲子園でプロ初完投。九回、ゴメスに一発を浴びて完封こそ逃したものの、2位の阪神をたたいて首位固めの3勝目(1敗)を挙げた。

 いまから5年前、大瀬良は長崎日大のエースとして甲子園に出場。初戦で菊池雄星(現西武)擁する花巻東(岩手)を五回まで無失点に抑えながら敗れている。その甲子園でようやく白星をマークした。

 同じ時期、県内でしのぎを削ったのがいまは同僚となった今村。今村は当時、春のセンバツで全国制覇した清峰のエースだった。このときの準優勝が菊池の花巻東だ。

 高校時代は菊池にも今村にも後れを取ったとはいえ、九州共立大時代の4年間を経て、一躍ドラフトの目玉に。プロ入り後も首位広島のローテーション投手として、気を吐いている。

 菊池は目下、5試合に先発して1勝4敗、防御率4.50。プロ初の2ケタ勝利を期待されながら、スタートでいきなりつまずいた。

 今村も今季は開幕から絶不調。現在5試合にリリーフ登板して、防御率9.00とふるわず、今は二軍にいる。

 大瀬良は高3時、プロ志望届を出さず、九州共立大に進んだ。同期のライバルの現状と比べる限り、4年間は決して長い回り道ではなかったようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る