広島快進撃“陰の立役者” 広瀬純に「幹部候補」の声

公開日:  更新日:

 頼りになる。9日の中日戦、1点を先制された直後の四回2死一、三塁の好機で6番の広瀬純(35)が中前に同点適時打。中日を3―2で下した逆転勝利の口火を切った。

 後輩から「純さん」と慕われる14年目のベテラン。チーム内では、野村監督以上の求心力があるともっぱらだ。

■練習量はチームで一、二

「昨年4月に15打席連続出塁の日本記録を作った際にお立ち台で、『何より勝ってよかった。ボクの記録は(ファンが)お酒のツマミにしてくれたらそれで満足です』と話したように、とにかく謙虚な男。チームで3番目の年長選手ながら、偉ぶったところがひとつもない。月並みだけど、真面目で練習熱心、35歳になった今でも練習量はチームで一、二を争う。後輩選手からはもちろん、松田オーナーの覚えもめでたく、引退後はコーチとしてチームに残ることが決まっているともっぱらです。国内FA権を取得した11年オフに、広島には珍しく3年の長期契約を結んだのも、幹部候補生の証しです」(地元マスコミ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  2. 2

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    厚労省にポストと金を握られ…監察委“お手盛り報告”の必然

  9. 9

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  10. 10

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

もっと見る