日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

広島快進撃“陰の立役者” 広瀬純に「幹部候補」の声

 頼りになる。9日の中日戦、1点を先制された直後の四回2死一、三塁の好機で6番の広瀬純(35)が中前に同点適時打。中日を3―2で下した逆転勝利の口火を切った。

 後輩から「純さん」と慕われる14年目のベテラン。チーム内では、野村監督以上の求心力があるともっぱらだ。

■練習量はチームで一、二

「昨年4月に15打席連続出塁の日本記録を作った際にお立ち台で、『何より勝ってよかった。ボクの記録は(ファンが)お酒のツマミにしてくれたらそれで満足です』と話したように、とにかく謙虚な男。チームで3番目の年長選手ながら、偉ぶったところがひとつもない。月並みだけど、真面目で練習熱心、35歳になった今でも練習量はチームで一、二を争う。後輩選手からはもちろん、松田オーナーの覚えもめでたく、引退後はコーチとしてチームに残ることが決まっているともっぱらです。国内FA権を取得した11年オフに、広島には珍しく3年の長期契約を結んだのも、幹部候補生の証しです」(地元マスコミ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事