開幕7連勝 オリ西勇輝は1日1冊の「自己啓発本」マニア

公開日: 更新日:

「今日の投球自体は凄く大変だったというか、野手の方に迷惑をかけたので、粘らなきゃと思ってしっかり投げました」

 オリックス西勇輝(23)が敵地仙台で笑顔を見せた。13日の楽天戦に先発し、六回まで毎回の走者を出しながらも8回6安打無失点。開幕から7戦7勝は39年の高橋敏(阪急)以来となる75年ぶりの球団タイ記録だ。防御率も0.82と、12球団で唯一0点台をキープしている。

 この西が日課としているのが読書。といっても、小説や野球の本ではない。西がハマっているのは自己啓発本だ。

 もともと同僚の投手が読んでいるのを見て、真似したのが始まり。今季のキャンプでは1カ月で50冊を読破し、開幕後も1日1冊ペース。今では寝る時と野球をしている時以外は、常にページをめくっているとも。

 もっとも、あまりに多くの本を読みすぎたからか、本人は「何がなんだかわからなくなってきた」と言う。心に残った文言なども覚えておらず、「読み続けている理由? さあ? 何ででしょうね」と首をかしげるのだから、周囲も失笑だ。

 それでも西によれば、「気分が高揚する」とのこと。趣味というより連勝中のルーティンワークとなっているだけに、やめるにやめられないのだろう。

 連勝記録はまだまだ伸びそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  2. 2

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  3. 3

    YouTuber「ヴァンゆん」ゆん お金なく毎日コーンフレーク

  4. 4

    撃墜されたウクライナ機はアメリカ軍用機の盾にされた?

  5. 5

    ハリウッドザコシショウ 気づくとゴミ捨て場で寝ていた朝

  6. 6

    口と態度はエース級 巨人の“無名ドラ1”堀田が大物ぶり発揮

  7. 7

    ロバート・ボールドウィンさん “外国人日本王”半生と近況

  8. 8

    卓球代表6人発表も…東京五輪「金メダル」への理想と現実

  9. 9

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

  10. 10

    小泉進次郎氏「育休」に批判殺到 “不倫隠し”が完全に裏目

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る