• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

開幕7連勝 オリ西勇輝は1日1冊の「自己啓発本」マニア

「今日の投球自体は凄く大変だったというか、野手の方に迷惑をかけたので、粘らなきゃと思ってしっかり投げました」

 オリックスの西勇輝(23)が敵地仙台で笑顔を見せた。13日の楽天戦に先発し、六回まで毎回の走者を出しながらも8回6安打無失点。開幕から7戦7勝は39年の高橋敏(阪急)以来となる75年ぶりの球団タイ記録だ。防御率も0.82と、12球団で唯一0点台をキープしている。

 この西が日課としているのが読書。といっても、小説や野球の本ではない。西がハマっているのは自己啓発本だ。

 もともと同僚の投手が読んでいるのを見て、真似したのが始まり。今季のキャンプでは1カ月で50冊を読破し、開幕後も1日1冊ペース。今では寝る時と野球をしている時以外は、常にページをめくっているとも。

 もっとも、あまりに多くの本を読みすぎたからか、本人は「何がなんだかわからなくなってきた」と言う。心に残った文言なども覚えておらず、「読み続けている理由? さあ? 何ででしょうね」と首をかしげるのだから、周囲も失笑だ。

 それでも西によれば、「気分が高揚する」とのこと。趣味というより連勝中のルーティンワークとなっているだけに、やめるにやめられないのだろう。

 連勝記録はまだまだ伸びそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  7. 7

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る