ザック日本の「攻撃的スタイル」に専門家が「絵空事」と警鐘

公開日:  更新日:

 ザッケローニ監督率いる日本代表が、本大会1次リーグC組でコートジボワール、ギリシャ、コロンビアを相手にどんな戦いを見せてくれるのか、今から期待は膨らむ一方だが、指揮官が「世まい言で代表チームやサッカー関係者を不安にさせている」(サッカージャーナリスト)という。

 実はザッケローニ監督は、最近になって「W杯で相手にどう対処するのかを考える前に、<まずは自分たちのやりたいサッカーをやりたい>とか<何点取られても構わない。得点が相手よりも多ければ勝てる>といった趣旨の発言をするようになった」(前出のジャーナリスト)という。

 ドイツサッカー協会公認S級ライセンス保持者の鈴木良平氏が「あまりにも非現実的なコメント。にわかに信じがたい」とこう続ける。

「ザッケローニは、自分たちのやりたいサッカーとして<攻撃的なスタイル>で戦いを挑み、点の取り合いに持ち込んで勝ち点を稼ごうとしているようですが、対戦相手との力関係をシビアに判断すれば、それが非常に難しい作業であることは明らかです。日本代表が勝ち点を奪うには、<ポゼッションサッカーでボール支配率を高め、相手の攻撃時間を少なくする><選手全員が90分間ハードワークし、強烈プレスをかけ続けて相手に思うようにプレーさせない>に尽きます。桧舞台で世界の強豪を相手に<たくさんゴールを決めれば勝てるでしょ>と言うには、そもそもチームに強力ストライカーと強靭DFがいないと話にならないが、残念ながら日本代表には見当たらない。絵空事のようなコメントを発するメンタリティーには、不信感を抱かざるを得ない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る