• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

殺人51倍、強盗404倍…外務省も警告するW杯危険度

 W杯観戦はまさに命がけだ。ブラジルは世界的に見ても犯罪発生率が高いことで知られるが、外務省は12日、現地ブラジルの治安情報を発表した。

 日本が1次リーグを戦うのはレシフェ、ナタル、クイアバの3都市。外務省によると、中でも犯罪が多いのがコロンビア戦が行われるクイアバ。殺人は日本の約51倍、強盗は約404倍になっている。クイアバのあるマトグロッソ州はボリビアとの国境地帯を含み、違法薬物の密輸入が行われ、薬物中毒者が薬物を買うために強盗、窃盗をするという。
 コートジボワール戦のレシフェはそれぞれ43倍、約200倍。一番少ないナタル(対ギリシャ)でさえ31倍、157倍だ。

 犯罪の手口は凶悪で、銃を使ったものが多いうえに、歩行中や公共交通機関内でも強盗に遭うことも多いという。特にATMで現金を下ろしたあとは要注意だ。外務省はトラブル対応のため日本の試合会場付近に臨時事務所を設ける方針だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る