殺人51倍、強盗404倍…外務省も警告するW杯危険度

公開日: 更新日:

 W杯観戦はまさに命がけだ。ブラジルは世界的に見ても犯罪発生率が高いことで知られるが、外務省は12日、現地ブラジルの治安情報を発表した。

 日本が1次リーグを戦うのはレシフェ、ナタル、クイアバの3都市。外務省によると、中でも犯罪が多いのがコロンビア戦が行われるクイアバ。殺人は日本の約51倍、強盗は約404倍になっている。クイアバのあるマトグロッソ州はボリビアとの国境地帯を含み、違法薬物の密輸入が行われ、薬物中毒者が薬物を買うために強盗、窃盗をするという。
 コートジボワール戦のレシフェはそれぞれ43倍、約200倍。一番少ないナタル(対ギリシャ)でさえ31倍、157倍だ。

 犯罪の手口は凶悪で、銃を使ったものが多いうえに、歩行中や公共交通機関内でも強盗に遭うことも多いという。特にATMで現金を下ろしたあとは要注意だ。外務省はトラブル対応のため日本の試合会場付近に臨時事務所を設ける方針だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  2. 2

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  3. 3

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  4. 4

    案里議員認めた1億5000万円「安倍マネー」を原資に不正か

  5. 5

    夫婦別姓「結婚しなくていい」ヤジはやはり杉田水脈議員

  6. 6

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  7. 7

    職場仲間である辛坊治郎のパワハラ疑惑について言いたい

  8. 8

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  9. 9

    ベトナムに続きハワイへ…“優柔不断”櫻井翔の見えぬゴール

  10. 10

    安倍首相の墓穴答弁で判明 桜名簿「確実に存在する」根拠

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る