• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

MLBが記録訂正 ダルは七回に「ノーヒッター」逃していた

 レンジャーズ・ダルビッシュの無安打無得点が実際は早々と途切れていた。

 メジャーリーグ機構は14日、ダルが九回2死までノーヒット投球を演じた9日のレッドソックス戦の記録を訂正したと発表。七回2死からオルティスの放った当たりが二塁手と右翼手の間に落ち、これをスティーブ・ウェラー記録員は「右翼手の失策」と判断。「安打」か「失策」かの判断基準が記された公認野球規則10.12(a)では野手がボールに触れたか否かは「失策」の判断基準にならない。

 今回のようなケースでは「安打」と記録されるのが通例だけに、試合後、オルティスは「捕球できる打球だったし、彼(ダル)は無安打を継続中だったのは理解できる。ただ、100年以上も適用されているルールではヒット」だと主張。レッドソックスは記録の訂正を求めるなど、全米を巻き込む論争にまで発展していた。

 この試合でダルは九回2死から、そのオルティスにシフトを破られ、右前打を許して無安打無得点を逃した。今回は覆ったものの、仮にノーヒットノーランを達成していれば、MLBが記録を訂正することはなかったかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  4. 4

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

  5. 5

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  8. 8

    佐喜真氏はなぜ沖縄県知事選で日本会議との関係を隠すのか

  9. 9

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  10. 10

    ツアーを長く支えた主催者との良好関係を小林会長ブチ壊し

もっと見る