MLBが記録訂正 ダルは七回に「ノーヒッター」逃していた

公開日:  更新日:

 レンジャーズ・ダルビッシュの無安打無得点が実際は早々と途切れていた。

 メジャーリーグ機構は14日、ダルが九回2死までノーヒット投球を演じた9日のレッドソックス戦の記録を訂正したと発表。七回2死からオルティスの放った当たりが二塁手と右翼手の間に落ち、これをスティーブ・ウェラー記録員は「右翼手の失策」と判断。「安打」か「失策」かの判断基準が記された公認野球規則10.12(a)では野手がボールに触れたか否かは「失策」の判断基準にならない。

 今回のようなケースでは「安打」と記録されるのが通例だけに、試合後、オルティスは「捕球できる打球だったし、彼(ダル)は無安打を継続中だったのは理解できる。ただ、100年以上も適用されているルールではヒット」だと主張。レッドソックスは記録の訂正を求めるなど、全米を巻き込む論争にまで発展していた。

 この試合でダルは九回2死から、そのオルティスにシフトを破られ、右前打を許して無安打無得点を逃した。今回は覆ったものの、仮にノーヒットノーランを達成していれば、MLBが記録を訂正することはなかったかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る