日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

防御率0.00…元巨人の一岡が「広島で大変身」の秘密

「今は、巨人時代にはない気持ちの高ぶりがあります」

 こう言って充実感を漂わせるのは、広島の一岡竜司(23)。昨オフ、大竹寛の巨人へのFA移籍による人的補償で広島に入団。今季、セットアッパーとして17試合に登板し、防御率0.00と完璧に仕事をこなしている。

「自分はまだ精いっぱいやっているだけで、抑えている実感はないです」と、はにかむ一岡は、11年のドラフト3位で専門学校の沖データコンピュータ教育学院から巨人入り。学生時代はシステムエンジニアの勉強の傍ら、コンビニやイタリアンの店でアルバイトをして生計を立てていた。

 巨人時代、二軍では2年連続30試合以上に登板し、昨季はチームトップの15セーブ、防御率1.10の成績を残した。豊田二軍投手コーチから一岡の武器である高速フォークを伝授され、着々と実績を積み上げながらも、一軍では敗戦処理扱い。わずか13試合登板とチャンスに恵まれなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事