不正、トミー・ジョン…メジャー投手のひじ蝕む滑る公認球

公開日: 更新日:

「投手、特に若い投手がひじを痛めて戦列を離れるケースが多過ぎる。早いうちに手を打たないとMLBの魅力を失いかねない」――。
 15日(日本時間16日)に行われたMLBのオーナー会議で、バド・セリグ・コミッショナーが危機感を口にしたという。

 今季はひじ痛を訴えて故障者リスト(DL)入りする投手が後を絶たない。今月だけでも昨季のナ・リーグ新人王ホセ・フェルナンデス(マーリンズ)、ダルの同僚で将来を嘱望されたマーティン・ペレス(レンジャーズ)らがトミー・ジョン手術(腱の再建手術)を受けた。

 米球界ではアマチュアも含めて投手の肩、ひじの負担を軽減するため、球数を制限するのは常識だ。過保護なほど徹底した管理が行われながら、米国の投手に、ひじの故障が絶えないのは作りが雑で滑りやすいメジャーの公認球も原因の一つといわれている。日本人投手はもちろん、手が大きく指が長い米国の投手ですら操るのに苦労し、相変わらずマツヤニなどの滑り止めを塗る不正投球が横行しているほどだ。 セリグ・コミッショナーは故障防止と不正撲滅につながると判断したのだろう。MLBのメディカルスタッフに公認球と故障の因果関係の調査を指示したという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  3. 3

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  4. 4

    青木理氏「無知」と「無恥」に蝕まれる憲政史上最愚の政権

  5. 5

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  6. 6

    丸投げの安倍政権 新型コロナ基本方針は“国は何もしない”

  7. 7

    中居正広を支える華麗なる人脈 “ぼっち独立”も明るい未来

  8. 8

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  9. 9

    作家・中村文則氏 国民の命にまで…安倍政権はもう限界だ

  10. 10

    デンマークなぜキャッシュレス大国に 在日大使館に聞いた

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る