日本人がやり玉 松ヤニ不正で再燃する中南米選手の待遇不満

公開日: 更新日:

 ヤンキースのピネダ(25)が23日、松ヤニを使った不正投球をした一件で、日本人選手に火の粉が降りかかっている。

 ドミニカ共和国出身のピネダは英語が流暢(りゅうちょう)ではない。先日の謝罪会見では英語で「チームに迷惑をかけた。もう二度と不正投球はしない」と言いながら、一部質問には沈黙。通訳が付かなかったため、言葉が理解できなかったからだ。

 今季開幕ロースター入りした750人中、ドミニカを含めた中南米出身者は196人。全体の3割近くを占める。27日付「ニューヨーク・スターレジャー」(電子版)でスペイン語の通訳の必要性を訴えているのは、ヤンキースのベルトラン(37)。プエルトリコ出身のベテラン外野手は、ピネダの会見での様子を例に挙げ、「我々には通訳を与えられていない。質問を完璧に理解して、自分が言いたいことをしっかりと伝える必要がある。MLBと選手会には考えてもらいたい」と話している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  2. 2

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  3. 3

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  6. 6

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

  10. 10

    DeNA“オープナー制”実らず データ野球浸透の壁を識者指摘

もっと見る