• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日本人がやり玉 松ヤニ不正で再燃する中南米選手の待遇不満

 ヤンキースのピネダ(25)が23日、松ヤニを使った不正投球をした一件で、日本人選手に火の粉が降りかかっている。

 ドミニカ共和国出身のピネダは英語が流暢(りゅうちょう)ではない。先日の謝罪会見では英語で「チームに迷惑をかけた。もう二度と不正投球はしない」と言いながら、一部質問には沈黙。通訳が付かなかったため、言葉が理解できなかったからだ。

 今季開幕ロースター入りした750人中、ドミニカを含めた中南米出身者は196人。全体の3割近くを占める。27日付「ニューヨーク・スターレジャー」(電子版)でスペイン語の通訳の必要性を訴えているのは、ヤンキースのベルトラン(37)。プエルトリコ出身のベテラン外野手は、ピネダの会見での様子を例に挙げ、「我々には通訳を与えられていない。質問を完璧に理解して、自分が言いたいことをしっかりと伝える必要がある。MLBと選手会には考えてもらいたい」と話している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  9. 9

    藤井氏“安倍内閣は酷すぎ”発言 なかなかいえない本当の話

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る