日本人がやり玉 松ヤニ不正で再燃する中南米選手の待遇不満

公開日:  更新日:

 ヤンキースのピネダ(25)が23日、松ヤニを使った不正投球をした一件で、日本人選手に火の粉が降りかかっている。

 ドミニカ共和国出身のピネダは英語が流暢(りゅうちょう)ではない。先日の謝罪会見では英語で「チームに迷惑をかけた。もう二度と不正投球はしない」と言いながら、一部質問には沈黙。通訳が付かなかったため、言葉が理解できなかったからだ。

 今季開幕ロースター入りした750人中、ドミニカを含めた中南米出身者は196人。全体の3割近くを占める。27日付「ニューヨーク・スターレジャー」(電子版)でスペイン語の通訳の必要性を訴えているのは、ヤンキースのベルトラン(37)。プエルトリコ出身のベテラン外野手は、ピネダの会見での様子を例に挙げ、「我々には通訳を与えられていない。質問を完璧に理解して、自分が言いたいことをしっかりと伝える必要がある。MLBと選手会には考えてもらいたい」と話している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る