日本人がやり玉 松ヤニ不正で再燃する中南米選手の待遇不満

公開日: 更新日:

 ヤンキースのピネダ(25)が23日、松ヤニを使った不正投球をした一件で、日本人選手に火の粉が降りかかっている。

 ドミニカ共和国出身のピネダは英語が流暢(りゅうちょう)ではない。先日の謝罪会見では英語で「チームに迷惑をかけた。もう二度と不正投球はしない」と言いながら、一部質問には沈黙。通訳が付かなかったため、言葉が理解できなかったからだ。

 今季開幕ロースター入りした750人中、ドミニカを含めた中南米出身者は196人。全体の3割近くを占める。27日付「ニューヨーク・スターレジャー」(電子版)でスペイン語の通訳の必要性を訴えているのは、ヤンキースのベルトラン(37)。プエルトリコ出身のベテラン外野手は、ピネダの会見での様子を例に挙げ、「我々には通訳を与えられていない。質問を完璧に理解して、自分が言いたいことをしっかりと伝える必要がある。MLBと選手会には考えてもらいたい」と話している。

■過去にも日本人との待遇差に不満

 ラテン系選手の不満の矛先は、日本人選手に向けられているともっぱらだ。ヤンキースの日本人選手であるイチロー、黒田、田中にはそれぞれ専属通訳がいるが、同紙によれば中南米系は1人だけ。しかも、ベネズエラ出身のブルペン捕手、ラモン・ラミレスが必要な時だけ通訳を務めるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

  2. 2
    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

  3. 3
    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

  4. 4
    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

  5. 5
    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

  1. 6
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  2. 7
    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

  3. 8
    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

  4. 9
    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

  5. 10
    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感

    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感