米国は松ヤニだが…日本では「ワックス」「ベルト」で不正投球

公開日:  更新日:

 米国を騒がせたピネダ(ヤンキース)の不正投球。メジャーではボールにつばなどの異物をつける「スピットボール」、紙ヤスリなどで傷をつける「スカッフボール」などが横行しているが、日本ではどうなのか。

 最も有名なのは00年にロッテに在籍していたウォーレンだろう。西武の東尾監督(当時)から「ボールに傷をつけている」と指摘され、憤慨。翌日の西武戦前の練習ではグラブにヤスリやカッターなどをつけ、皮肉交じりに抗議をした。

 ヤクルト、ソフトバンクで活躍したガトームソンも、不正投球を疑われた。グラブの中でやたらとボールをこねくり回す姿に疑惑の目が向けられるも、本人は「オレは指が短いから、しっかり握らないといけないんだ」と説明した。

 助っ人ばかりではない。球界OBが言う。
「タイトルを獲得したこともある投手は果物用のワックスを愛用。『これが一番効果があるんだよ』と語っていた。パに在籍していた選手は試合中、水たまりに落ちたボールを交換せずに使うと、驚くほど変化球が曲がったとか。髪の毛にグロスを塗りたくり、マウンドでやたら髪をいじっているのもいた。ある有名投手は、ベルトのバックルでボールに傷をつけていると疑われていた」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る