不振の主将を途中交代…巨人・原監督が阿部に引導を渡す日

公開日: 更新日:

 巨人の阿部慎之助(35)が三回表の途中でベンチに下げられた。
 巨人先発のセドンがボコボコにされた30日のヤクルト戦。2回3分の2をボークあり暴投ありの10安打6失点の大乱調を演じると、怒った表情でベンチを出た原監督がセドンと一緒に何と捕手の阿部の交代も審判に告げたのだ。その場で阿部を呼んで自ら通達。故障でもないのに、主将がこんなに早く交代するのは、近年にない“事件”だった。

 今季、打率.211、4本塁打。打撃不振が続き、2日連続で早出特打を敢行したものの、この日の第1打席は当てただけの三ゴロ。原監督は「本当は(阿部を)代えたくない。勝つための最善策。(阿部)慎之助のところに投手を入れる策を取った」と説明。平たく言えば、他の選手を使った方がまだマシということである。阿部は「しょうがない。ああいう展開にしてしまったから」と球場を後にした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  2. 2

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  3. 3

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  4. 4

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  5. 5

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  6. 6

    豊洲市場“黒い粉塵”問題 都のお粗末清掃で汚染水まみれに

  7. 7

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  8. 8

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  9. 9

    “新 加勢大周”でデビュー 坂本一生さんが見つけた天職とは

  10. 10

    いいとも青年隊 工藤兄弟が語った“双子キャラ”への反発心

もっと見る