• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ビデオ検証に10分…広島の反撃に水差した審判団のドタバタ

 主役は審判だった。20日のソフトバンク戦、広島のキラが4点ビハインドの八回2死二塁からバックスクリーンに2ラン……と思われたのもつかの間、これに抗議したのが秋山監督。打球がグラウンドに跳ね返ってきたことで、「フェンスは越えてないだろう」と、ビデオ判定を要求したのだ。

 ところが、ネット裏に引っ込んだ審判団はいつになっても出てこない。一度はひとりの審判がマイクを持って「もうしばらくお待ちください」。最初は悠々としていたキラも、次第に落ち着きがなくなってきた。

 ビデオ検証から10分後、再び前出の審判が登場。結果が出されたのかと思いきや、「重ねて申し上げます。大変難しい打球なので念には念を入れて検証しています」と言ったものだから、スタンドからは失笑が漏れた。

 その直後に別の審判が、「大変長らくお待たせしました」と語りだし、ファンも選手も固唾をのんで見守る中、この審判は「検証の結果……」ともったいつけると、「二塁打と判定させていただきます!」と結論を下した。ヤフオクドームの中堅はフェンス最上部に数十センチの奥行きがあり、この部分に当たった打球がグラウンドに跳ね返った際はインプレーとして扱われるからだ。

 広島はせっかくの2ランのはずがエンタイトルツーベースで1点止まりとなり、反撃空しく負けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  7. 7

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  8. 8

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  9. 9

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る