ビデオ検証に10分…広島の反撃に水差した審判団のドタバタ

公開日: 更新日:

 主役は審判だった。20日のソフトバンク戦、広島のキラが4点ビハインドの八回2死二塁からバックスクリーンに2ラン……と思われたのもつかの間、これに抗議したのが秋山監督。打球がグラウンドに跳ね返ってきたことで、「フェンスは越えてないだろう」と、ビデオ判定を要求したのだ。

 ところが、ネット裏に引っ込んだ審判団はいつになっても出てこない。一度はひとりの審判がマイクを持って「もうしばらくお待ちください」。最初は悠々としていたキラも、次第に落ち着きがなくなってきた。

 ビデオ検証から10分後、再び前出の審判が登場。結果が出されたのかと思いきや、「重ねて申し上げます。大変難しい打球なので念には念を入れて検証しています」と言ったものだから、スタンドからは失笑が漏れた。

 その直後に別の審判が、「大変長らくお待たせしました」と語りだし、ファンも選手も固唾をのんで見守る中、この審判は「検証の結果……」ともったいつけると、「二塁打と判定させていただきます!」と結論を下した。ヤフオクドームの中堅はフェンス最上部に数十センチの奥行きがあり、この部分に当たった打球がグラウンドに跳ね返った際はインプレーとして扱われるからだ。

 広島はせっかくの2ランのはずがエンタイトルツーベースで1点止まりとなり、反撃空しく負けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  4. 4

    菅野美穂「ウチカレ」不評…“恋愛の神様”はオワコンなのか

  5. 5

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  6. 6

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  7. 7

    自宅コロナ死急増「病床不足」の裏に退院できる患者の滞留

  8. 8

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

  9. 9

    大栄翔が初優勝 平幕V続出「戦国時代」の裏の“角界の凋落”

  10. 10

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

もっと見る