ビデオ検証に10分…広島の反撃に水差した審判団のドタバタ

公開日:  更新日:

 主役は審判だった。20日のソフトバンク戦、広島のキラが4点ビハインドの八回2死二塁からバックスクリーンに2ラン……と思われたのもつかの間、これに抗議したのが秋山監督。打球がグラウンドに跳ね返ってきたことで、「フェンスは越えてないだろう」と、ビデオ判定を要求したのだ。

 ところが、ネット裏に引っ込んだ審判団はいつになっても出てこない。一度はひとりの審判がマイクを持って「もうしばらくお待ちください」。最初は悠々としていたキラも、次第に落ち着きがなくなってきた。

 ビデオ検証から10分後、再び前出の審判が登場。結果が出されたのかと思いきや、「重ねて申し上げます。大変難しい打球なので念には念を入れて検証しています」と言ったものだから、スタンドからは失笑が漏れた。

 その直後に別の審判が、「大変長らくお待たせしました」と語りだし、ファンも選手も固唾をのんで見守る中、この審判は「検証の結果……」ともったいつけると、「二塁打と判定させていただきます!」と結論を下した。ヤフオクドームの中堅はフェンス最上部に数十センチの奥行きがあり、この部分に当たった打球がグラウンドに跳ね返った際はインプレーとして扱われるからだ。

 広島はせっかくの2ランのはずがエンタイトルツーベースで1点止まりとなり、反撃空しく負けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る