プロスカウトの評価ガタ落ち 中大・島袋「ノーコン」の深刻度

公開日:  更新日:

「試合後に島袋投手のインタビューを行いますので、よろしくお願いします」

 この日、神宮での中大─駒大戦の試合開始直前、テレビ局から記者席にこんな連絡があった。沖縄・興南で春夏連続優勝。4年目を迎えてドラフト候補として名前も挙がる。中大にとって今節の駒大戦は今春の最終カード。連勝、連敗ならこれが今季の最終登板にもなる。

 そんなこんなでのインタビューとなったのだろうが、それは試合開始15分で吹っ飛んだ。一回裏、いきなり2安打4四球で、2つの押し出しなど3失点。二回に先頭打者を歩かせたところで降板した。

 島袋は今季初登板の亜大2回戦(4月8日)でも1回3分の1で6四球3失点。無安打ながら自滅している。まったくストライクが入らないのである。

 島袋は過去3年間で36試合216回3分の2を投げて67四死球。それが今季は6試合13回3分の1で17四死球である。被安打(15)を上回るノーコンぶりだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  8. 8

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  9. 9

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

  10. 10

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

もっと見る