• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

プロスカウトの評価ガタ落ち 中大・島袋「ノーコン」の深刻度

「試合後に島袋投手のインタビューを行いますので、よろしくお願いします」

 この日、神宮での中大─駒大戦の試合開始直前、テレビ局から記者席にこんな連絡があった。沖縄・興南で春夏連続優勝。4年目を迎えてドラフト候補として名前も挙がる。中大にとって今節の駒大戦は今春の最終カード。連勝、連敗ならこれが今季の最終登板にもなる。

 そんなこんなでのインタビューとなったのだろうが、それは試合開始15分で吹っ飛んだ。一回裏、いきなり2安打4四球で、2つの押し出しなど3失点。二回に先頭打者を歩かせたところで降板した。

 島袋は今季初登板の亜大2回戦(4月8日)でも1回3分の1で6四球3失点。無安打ながら自滅している。まったくストライクが入らないのである。

 島袋は過去3年間で36試合216回3分の2を投げて67四死球。それが今季は6試合13回3分の1で17四死球である。被安打(15)を上回るノーコンぶりだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  3. 3

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  4. 4

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  5. 5

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  6. 6

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  7. 7

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  8. 8

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  9. 9

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  10. 10

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

もっと見る