プロスカウトの評価ガタ落ち 中大・島袋「ノーコン」の深刻度

公開日: 更新日:

「試合後に島袋投手のインタビューを行いますので、よろしくお願いします」

 この日、神宮での中大─駒大戦の試合開始直前、テレビ局から記者席にこんな連絡があった。沖縄・興南で春夏連続優勝。4年目を迎えてドラフト候補として名前も挙がる。中大にとって今節の駒大戦は今春の最終カード。連勝、連敗ならこれが今季の最終登板にもなる。

 そんなこんなでのインタビューとなったのだろうが、それは試合開始15分で吹っ飛んだ。一回裏、いきなり2安打4四球で、2つの押し出しなど3失点。二回に先頭打者を歩かせたところで降板した。

 島袋は今季初登板の亜大2回戦(4月8日)でも1回3分の1で6四球3失点。無安打ながら自滅している。まったくストライクが入らないのである。

 島袋は過去3年間で36試合216回3分の2を投げて67四死球。それが今季は6試合13回3分の1で17四死球である。被安打(15)を上回るノーコンぶりだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  5. 5

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  6. 6

    元小結・白馬毅さんに10年前の“八百長”疑惑を改めて聞いた

  7. 7

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  8. 8

    突如「コロナ専門病院」発表で一般患者が追い出されている

  9. 9

    嵐・二宮「パパに!」報道が意外とファンに祝福されるワケ

  10. 10

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

もっと見る