巨人ドラフト戦略変化 1位候補にあの春夏連覇投手が浮上

公開日: 更新日:

 巨人のドラフト戦略に変化があったという。センバツ甲子園が終わり、大学の春のリーグ戦が開幕。山下哲治スカウト部長は「今年は大学生にいい投手がいる」と言う。10人前後の1位リストに含まれている唯一の高校生投手で、昨春センバツ準優勝の済美・安楽智大(3年)は、右ヒジの故障から7カ月ぶりに実戦復帰。この最速157キロ右腕の動向に各球団が注目する中、一時は熱心だった巨人に指名回避の動きがあるというのだ。

 巨人の筆頭候補は156キロ右腕の早大・有原航平(4年)。スカウトは複数体制で密着マークを続けている。それに、右では亜大・山崎康晃(4年)、左では明大・山崎福也(4年)、法大・石田健大(4年)が続く構図。が、ここにきて元甲子園優勝投手が密かに株を上げているという。巨人の球団関係者が言う。

「1位リストのほとんどが投手。ナンバーワンの呼び声が高いのは早大の有原ですが、現在のローテは左の内海と杉内が30歳を越えている。右の若手は開幕投手の菅野がいて、『まずは投手。将来的に菅野と左右のエースを張れるような左腕ならなおいい』という現場の要望がある。高校生ナンバーワンの安楽はやっと実戦復帰したものの、ヒジが“飛んだ”投手は将来的に再発する可能性がある。夏まで経過は見守っていくが、回避が濃厚です。その代わりといってはなんだけど、中大の左腕・島袋がリーグ戦の不調とは裏腹に評価を上げているんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ逮捕に長谷川博己の胸中は…事務所担当者が語る

  2. 2

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  3. 3

    沢尻エリカの再生に尽力も水泡…“実姉”蜷川実花監督の慟哭

  4. 4

    プロ意識欠如し誘惑に負け…沢尻エリカと剛力彩芽の共通項

  5. 5

    スキャンダルで目くらましする官邸の手法は見抜かれている

  6. 6

    長期の理由は国民洗脳 安倍政権の“桂太郎超え”2887日<上>

  7. 7

    「死ね」暴言の笠りつ子に厳重注意のみ…遅すぎた大甘処分

  8. 8

    自民改選議員を“常習”招待「桜を見る会」で48人違法当選か

  9. 9

    芦田愛菜は大絶賛も…“着物姿”を比べられた神田うのの悲哀

  10. 10

    鈴木愛は3週連続Vでも 残り2戦は賞金女王へ“高いハードル”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る