イチロー復帰初安打 激しさ増す若手との「定位置」争い

公開日: 更新日:

 故障で欠場が続いていたヤンキースのベテラン外野手が健在ぶりをアピールした。

 11日のブルワーズ戦の守備でひざと腰を痛めて休養していたイチロー(40)が18日(日本時間19日)、パイレーツとのダブルヘッダー第2試合に「7番・右翼」で7戦ぶりにスタメン出場。4打数1安打、3三振だった。

 四回の第2打席で、相手の先発右腕コールにカウント1-2と追い込まれながら、151キロの直球を振り抜く右前打。本格的な戦列復帰で安打をマークした。

 今季は外野の5番手で、守備固めや代走要員としてベンチを温めてきたが、ここにきて正右翼手のベルトランが右ひじを痛めて故障者リスト(DL)入り。ねずみを除去する手術を受ける予定で、20日にも専門医の最終診断を受け、メスを入れれば長期間、戦列を離れる可能性もあるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  3. 3

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  4. 4

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  5. 5

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  6. 6

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  7. 7

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  8. 8

    ロッテ清田「無期限謹慎」は選手の不倫にブレーキかけるか

  9. 9

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  10. 10

    大倉忠義「知ってるワイフ」不発の原因はリアルな息苦しさ

もっと見る