5分談笑も…先発もマー君対決も見送りメッツ松坂の“心境”

公開日:  更新日:

 メッツ・松坂大輔の先発復帰はならなかった。 チームは12日(日本時間13日)、サブウエーシリーズ第3戦(14日、シティフィールド)でマイナーから昇格するラファエル・モンテロを起用すると発表。先発5番手メヒアの配置転換で一時、松坂も先発候補に挙がっていたが、「いい仕事をしているから、救援のままにしておきたい」(アルダーソンGM)と、今後もリリーフとしてブルペン待機する。これで14日に先発する田中将大との投げ合いは実現しなくなった。

 試合前の練習中に田中と対面した松坂。田中から挨拶されると、がっちりと握手を交わし、約5分間談笑したが、依然として先発復帰を希望しているだけに複雑な心境だったに違いない。

■黒田、6回4失点

 なお、サブウエーシリーズ初戦に先発した黒田は6回を投げて2本塁打を含む7安打4失点。打線の援護にも恵まれて勝利投手の権利を持ったまま降板したが、リリーフ陣がリードを守れず3勝目はならなかった。

▽ニューヨーク
メッツ100 012 230―9
ヤンキース040 003 000―7

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る