• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

5分談笑も…先発もマー君対決も見送りメッツ松坂の“心境”

 メッツ・松坂大輔の先発復帰はならなかった。 チームは12日(日本時間13日)、サブウエーシリーズ第3戦(14日、シティフィールド)でマイナーから昇格するラファエル・モンテロを起用すると発表。先発5番手メヒアの配置転換で一時、松坂も先発候補に挙がっていたが、「いい仕事をしているから、救援のままにしておきたい」(アルダーソンGM)と、今後もリリーフとしてブルペン待機する。これで14日に先発する田中将大との投げ合いは実現しなくなった。

 試合前の練習中に田中と対面した松坂。田中から挨拶されると、がっちりと握手を交わし、約5分間談笑したが、依然として先発復帰を希望しているだけに複雑な心境だったに違いない。

■黒田、6回4失点

 なお、サブウエーシリーズ初戦に先発した黒田は6回を投げて2本塁打を含む7安打4失点。打線の援護にも恵まれて勝利投手の権利を持ったまま降板したが、リリーフ陣がリードを守れず3勝目はならなかった。

▽ニューヨーク
メッツ100 012 230―9
ヤンキース040 003 000―7

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  8. 8

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  9. 9

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

  10. 10

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

もっと見る