日ハム上沢に“特命” 期待される「女性ファン」の掘り起こし

公開日:  更新日:

「開幕当初のような勢いはありませんが、彼は簡単には二軍に落ちないはずです」

 日本ハムの関係者がこう話すのが上沢直之(20)のことだ。

 プロ3年目の右腕は、開幕直後から先発ローテーション入り。投手陣が手薄な中、開幕3連勝を含め、交流戦前までに5勝(1敗)をマークした。

 23日のDeNA戦を含め、ここ2試合は序盤の失点が目立つものの、内容自体はさほど悪くない。交流戦のローテから外さないことが首脳陣の間で確認されているうえ、戦力面以外のメリットが上沢にはあるという。それが「甘いマスク」だ。

 日ハムは数年前まで中田、陽、稲葉らが女性ファンのハートを引きつけていたが、結婚を機に人気が急落。以後、チーム全体の女性ファンの数も伸び悩んでいるという。


 そんな状況の中、彗星のように現れた「イケメン」が上沢なのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  6. 6

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  7. 7

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  8. 8

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  9. 9

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

  10. 10

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

もっと見る