日ハム上沢に“特命” 期待される「女性ファン」の掘り起こし

公開日:  更新日:

「開幕当初のような勢いはありませんが、彼は簡単には二軍に落ちないはずです」

 日本ハムの関係者がこう話すのが上沢直之(20)のことだ。

 プロ3年目の右腕は、開幕直後から先発ローテーション入り。投手陣が手薄な中、開幕3連勝を含め、交流戦前までに5勝(1敗)をマークした。

 23日のDeNA戦を含め、ここ2試合は序盤の失点が目立つものの、内容自体はさほど悪くない。交流戦のローテから外さないことが首脳陣の間で確認されているうえ、戦力面以外のメリットが上沢にはあるという。それが「甘いマスク」だ。

 日ハムは数年前まで中田、陽、稲葉らが女性ファンのハートを引きつけていたが、結婚を機に人気が急落。以後、チーム全体の女性ファンの数も伸び悩んでいるという。


 そんな状況の中、彗星のように現れた「イケメン」が上沢なのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る