日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日ハム上沢に“特命” 期待される「女性ファン」の掘り起こし

「開幕当初のような勢いはありませんが、彼は簡単には二軍に落ちないはずです」

 日本ハムの関係者がこう話すのが上沢直之(20)のことだ。

 プロ3年目の右腕は、開幕直後から先発ローテーション入り。投手陣が手薄な中、開幕3連勝を含め、交流戦前までに5勝(1敗)をマークした。

 23日のDeNA戦を含め、ここ2試合は序盤の失点が目立つものの、内容自体はさほど悪くない。交流戦のローテから外さないことが首脳陣の間で確認されているうえ、戦力面以外のメリットが上沢にはあるという。それが「甘いマスク」だ。

 日ハムは数年前まで中田、陽、稲葉らが女性ファンのハートを引きつけていたが、結婚を機に人気が急落。以後、チーム全体の女性ファンの数も伸び悩んでいるという。


 そんな状況の中、彗星のように現れた「イケメン」が上沢なのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事