• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日ハム上沢に“特命” 期待される「女性ファン」の掘り起こし

「開幕当初のような勢いはありませんが、彼は簡単には二軍に落ちないはずです」

 日本ハムの関係者がこう話すのが上沢直之(20)のことだ。

 プロ3年目の右腕は、開幕直後から先発ローテーション入り。投手陣が手薄な中、開幕3連勝を含め、交流戦前までに5勝(1敗)をマークした。

 23日のDeNA戦を含め、ここ2試合は序盤の失点が目立つものの、内容自体はさほど悪くない。交流戦のローテから外さないことが首脳陣の間で確認されているうえ、戦力面以外のメリットが上沢にはあるという。それが「甘いマスク」だ。

 日ハムは数年前まで中田、陽、稲葉らが女性ファンのハートを引きつけていたが、結婚を機に人気が急落。以後、チーム全体の女性ファンの数も伸び悩んでいるという。


 そんな状況の中、彗星のように現れた「イケメン」が上沢なのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る